次にジュニアスイートのバスルームを見てみましょう。ジュニアスイートのバスルームはお部屋の一番奥にありベッドルームの隣に位置しています。ダブルシンクの洗面台、個室のトイレ、洗い場付きのお風呂、クローゼットで構成されており、お風呂場のバスタブ横には液晶テレビも備わっています。シャワー設備の機能も高く、バスアメニティにはロクシタンを採用するなど非日常的なバスタイムを楽しめる空間となっています。


ジュニアスイート・バスルーム

ジュニアスイートのバスルームはお部屋の一番奥にあり、ベッドルームと繋がっています。洗面台、洗い場付きお風呂、個室のトイレで構成されており、スペースはちょっと歪な形をしています。ベッドルームとバスルームの間にはドアがあるので、閉めればプライバシーを保つことが可能になっています。


洗面台

洗面台はダブルシンクを採用し、使い勝手はとても良いです。デザインも結構素敵ですね。


お風呂

お風呂場は洗い場付きのタイプで扱いやすいですが、バスタブの幅は若干狭い気がします。バスタブの横には液晶テレビがあり、お湯を楽しみながらテレビ鑑賞も可能です。バスルームにあるテレビのチャンネル数は地上デジタルの8チャンネルのみですが、お風呂場にテレビがある事だけでも嬉しいですよね。


シャワー

お風呂場内にあるシャワーは、リーガロイヤルホテル・ナチュラルコンフォートタワーズのスイートにあるものと同じでした。大きなシャワーヘッド、マイクのような形のハンドシャワーや側面3箇所からお湯が出る噴出口など、色々な面からお湯を浴びることが可能になっています。


トイレ

トイレは曇りガラスの扉を持った個室タイプです。ウォシュレットも操作盤が壁掛け式の最新タイプとなっています。


タオル

タオルはバスタオルが3枚、フェイスタオルが2枚、ハンドタオルが2枚ありました。


バスローブ

バスローブは胸元にANAインターコンチネンタルホテル東京のロゴと文字が書かれています。


ナイトシャツ

ANAインターコンチネンタルホテル東京ではパジャマではなくナイトシャツでした。ワッフル地タイプのもので青の淵がポイントになっています。


バスアメニティ

バスアメニティは豊富に揃っています。シャンプー、コンディショナー、バスジェル、ローション、石鹸がロクシタンです。他に、歯ブラシ、ブラシ、クシ、レザー、シェービングクリーム、綿棒、爪やすり、ソーイングキット、ヘアゴム、シャワーキャップ、コットン、男性用化粧品としてヘアトニック・ヘアリキッド・アフターシェービングローション(資生堂・AUSLESE)、女性用基礎化粧品として化粧落とし・洗顔フォーム・乳液・化粧水(資生堂・ELIXIR)が置かれています。


体重計

デジタル式の体重計もあります。でも夕食後は怖くて乗れませんね。(笑)


さて、EVA-CHINがお部屋の撮影をしている内に、ANAインターコンチネンタルホテル東京にある特別フロア・クラブインターコンチネンタルの特典をご紹介しましょう。

☆ 専用ラウンジの利用 午前7時〜22時30分

   朝食 (平日:午前7時〜午前10時 週末・祝日:午前7時〜午前11時 )

    ティーサービス ( 22時までの終日 )

    イブニングカクテル&カナッペサービス ( 17時30分〜19時30分)


☆ 6階 フィットネスルームの利用が無料

☆ 4階 ガーデンプール(夏季のみ営業)の利用が無料

☆ クラブラウンジ内のミーティングルームの利用が2時間まで無料

☆ 専属スタッフによるコンシェルジュサービス(各種ご手配・サポート)

☆ ターンダウンサービス

☆ シューシャインサービス (靴磨きサービス)

☆ 通常ランドリーサービスの20%割引

☆ 客室内のインターネット接続、専用ラウンジにおけるインターネット利用

色々なサービスを受けることが出来ますね。この中でも皆様は専用ラウンジに興味があると思いますので、17時30分からのカクテルタイムを中心にラウンジをご紹介したいと思います。尚、EVA-CHINは客室内の写真撮影に手こずった為、スタートとなる17時30分に嫁さんに専用ラウンジへ行ってもらって撮影してもらいました。

 

クラブインターコンチネンタル 専用ラウンジ

2009年2月にオープンした35階にあるクラブインターコンチネンタル専用のラウンジで、国内最大規模広さがあります(約600平米)。このラウンジはレセプション、ライブラリーエリア、バーエリア、ダイニングエリアに分かれ、午前7時から22時30分まで利用できます。(左上:入口 右上:ライブラリーエリア 左下:ダイニングエリア 右下:バーエリア)


ライブラリーエリア

レセプションの裏手に広がるのがライブラリーエリア。個性的なソファやゆったりとしたソファが並び、一番奥には本棚と大型テレビがあります。


マッサージチェア

ライブラリーエリアの奥に、隠れるような感じでマッサージチェアが2つ並びます。


ダイニングエリア

レセプションを通り、右奥にあるのがダイニングエリアです。朝食やカクテルタイムを利用する際に使います。ここではカクテルタイム時(17時30分〜19時30分)に出された料理を紹介しましょう。


カクテルタイム

カナッペは補充されていきますが、やっぱりオープン直後が狙い目で、ちょっとしたお寿司もありました。ケーキもどれを選ぶか悩んでしまいますね。


バーエリア

ダイニングエリアのすぐお隣にあるのがバーエリア。ダイニングエリアの席に座っても、バーエリアへ簡単に行けます。豊富な種類のお酒が用意され、特に気に入ったのが生ビールでした。全自動で注ぐのでジョッキを置いてボタンを押すだけの簡単仕様で、3回も注ぎに行ってしまいましたね。シャンパンやワインはもちろん、ウィスキーも置いてあります。


盛り付け例

フィンガーフードは酒の肴に調度良い内容ですね。「夕食前の楽しいヒトトキ」の場所なのですが、EVA-CHINと嫁さんは本格的な呑みに入ったのは言うまでもありません。


専用ラウンジ ダイニングエリアからの夜景

専用ラウンジでは北側と西側の景色を眺められますが、こちらは北側の夜景です。国会議事堂のスポットライトが綺麗ですね。こちらの夜景は壁紙サイズ(1024x768)でも公開しています。こちらか写真を直接クリックしてください。


たっぷりとラウンジで楽しんだ後はお部屋に戻りました。ベッドルームでは既にターンダウンサービスが行われており、ベッドメイク等が行われていました。この後は優雅なバスタイムですが、お風呂場内でテレビがあると本当に寛ぎながらお湯を楽しめますね。シャワーもお湯の勢いが良く、大型のシャワーヘッドや側面3箇所から噴出すお湯を楽しみながら、これまた非日常感を楽しみました。バスタイムの後は夜景やテレビを楽しみ、ANAインターコンチネンタルホテル東京で過す夜は更けていったのであります。


ターンダウンサービス

ターンダウンサービスが行われると、ナイトテーブルの上にミネラルウォーターが移動します。


ベッドの上でゴロゴロと・・・

ライトを読書灯だけすると枕元が浮かび上がって、これまた良い感じの写真になりますね。


翌日、EVA-CHINは7時30分頃起き出しました。カーテンを開けて景色を見ると、綺麗な青空が広がっています。嫁さんは先に起きてシャワーを楽しんでおり、EVA-CHINも身支度を簡単に整えて、午前8時頃に朝食を頂きに35階の専用ラウンジに向かいます。

専用ラウンジは一般的に、夜より朝の方が混むことが多いです。今回も朝食を提供する専用ラウンジのダイニングエリアでは多くのゲストが朝食を楽しんでいました。平日利用にも関わらず席はほぼ埋まっている感じですが、このホテルの特徴としては外国人がとても多くに目に付きます。外国人ビジネスマンからファミリー利用に至るまで、幅広い層でクラブインターコンチネンタルを利用している感じです。朝食は洋食のビュッフェ式で和食は無いのですが、面白いものとしては「かた焼きそば」がありました。


朝食

専用ラウンジの朝食時間帯は、午前7時〜午前10時(週末・祝日は午前7時〜午前11時)までです。洋食のビュッフェ式で、和食はありません。


専用ラウンジからの西側景色

朝食後、ライブラリーエリアから西側の景色を眺めると、客室と同じ西側でも見えなかった六本木ヒルズの森タワーも見ることが出来ました。東京ミッドタワーと森タワーの2ショットもなかなか良いですね。それにしても手前のビル工事が気になります。


朝食後、ライブラリーエリアで寛いだりマッサージチェアを試したりした後にお部屋へ戻りました。チェックアウトまで少々時間があったのでEVA-CHINはバスタイムをもう一度楽しんだりテレビを見ながら過し、11時50分頃にチェックアウトの為に2階のフロントへ向かいます。エレベーターから降りると2階のフロントは空いており、直ぐにチェックアウトの手続きを行うことが出来ました。ちなみに、今回利用した公式サイトからのプランではクレジットカードによる事前決済が出来ていたのでフロントでの支払いは無く、直ぐに精算は完了したのであります。

ANAインターコンチネンタルホテル東京を出発し、地下鉄溜池山王駅に向かうEVA-CHINと嫁さん。今回はやはり、クラブインターコンチネンタルの専用ラウンジが気に入りました。お酒やフィンガーフードが豊富な点はもちろんですが、EVA-CHINにとってビールが瓶ではなく「生」で楽しめる点が特に気に入りました。もちろん今回利用したジュニアスイートのお部屋も色々な面で非日常的な時間を楽しめたと思います。是非当サイトをご覧の皆様にも、ANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブインターコンチネンタル・専用ラウンジの凄さを体験して頂きたいものですね。スイートだけではなく、「クラブ・インターコンチネンタルツイン」・「クラブ・インターコンチネンタルダブル」のカテゴリもありますので、是非チェックしてみて下さいね。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」・すぐ泊まりたくなる宿泊プラン

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京のトップページはこちら