ザ・リッツカールトン東京

THE RITZ-CARLTON TOKYO


「ザ・リッツ・カールトン東京」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら



東京ミッドタウンにオープンした世界屈指の高級ホテル 「ザ・リッツカールトン東京」

六本木防衛庁跡地が再開発されて誕生した東京ミッドタウン。「ザ・リッツカールトン東京」は2007年3月30日、東京ミッドタウンと共に誕生した国内2番目の「ザ・リッツカールトン」です。客室数は248室(スイート36室を含む)で全てが52平米以上の広さを持ち、客室の広さはもちろん国内で最大級。東京ミッドタウンの中心に建つミッドタウンタワーのグランドフロアと1階、及び45階から53階に「ザ・リッツカールトン東京」があります。46階は広さが2000平米あるスパ&フィットネス。47階以上が客室になり、展望台のないミッドタウンタワーからの素晴しい景色を楽しめるのは、「ザ・リッツカールトン東京」だけです。 「ザ・リッツカールトン東京」の52階と53階には「ザ・リッツカールトン大阪」と同じく特別フロアの「ザ・リッツカールトン・クラブフロア」を設けています。1日5回のフードプレゼンテーションのあるクラブラウンジは53階にあり、「ザ・リッツカールトン大阪」で有名になったリッツ哲学がもてなす極め細やかなサービスは、誰もが上質の寛ぎを堪能出来ます。 アクセスは都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路で直結、又は東京メトロ千代田線「及木坂駅」から徒歩3分の東京ミッドタウン内にあります。「ザ・リッツカールトン東京」に是非ご宿泊されて、リッツが持て成す寛ぎの時間を楽しんでみては如何でしょうか。


ザ・リッツカールトン東京 全景

「ザ・リッツカールトン東京」はミッドタウンタワーのグランドフロアと1階、45階から53階に位置したホテルです。東京ミッドタウンでは敷地が緩やかに傾斜しているのでミッドタウンガーデン側の地上階が地下1階に割り当てられ、グラウンドフロアと呼ばれます。ロビーは45階、スパ&フィットネスは46階、客室は47階以上にあり、クラブフロアは52階と53階にあります。


ザ・リッツカールトン東京 エントランス

「ザ・リッツカールトン東京」のメインエントランスはグランドフロアにあり、エントランス前では高級車が頻繁に行き来をしています。他にも東京ミッドタウン内の1階にも小さなエントランスを設けており、こちらは中に入ると直ぐ横に「ザ・リッツカールトン カフェ&デリ」がありますが、フロントやロビーは45階にあるので、どちらを利用してもエレベーターを使用する事になります。


ザ・リッツカールトン東京 ロビー

「ザ・リッツカールトン東京」の45階はロビーやフロントだけではなく、レストランやバーも45階にしています。写真奥がフロント、左側は「ザ・ロビーラウンジ&バー」で自然光がとても明るく広々とした空間です。客室に向かう際は前述とは別のエレベーターを使用することになりエレベーターの乗り継ぎが必要になりますが、セキュリティ上とても安心が出来ます。


ザ・リッツ・カールトン東京・フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」のご予約はこちら

ザ・リッツ・カールトン東京・モダンビストロ「タワーズ」のご予約はこちら

ザ・リッツ・カールトン東京・日本料理「ひのきざか」のご予約はこちら

ザ・リッツ・カールトン東京・ラウンジ「ザ・ロビーラウンジ&バー」のご予約はこちら




宿泊記

クラブフロア

クラブ・タワーデラックスキング 宿泊記 (2012年6月宿泊)

宿泊記

クラブフロア

クラブ・デラックスキング 宿泊記 (2008年2月宿泊)

宿泊記

クラブフロア

クラブ・デラックスキング 宿泊記 (2007年6月宿泊)