リーガロイヤルホテル ザ・プレジデンシャルタワーズ

− スイート・ルーム (スタイリッシュ:2011年10月宿泊) −

「リーガロイヤルホテル」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら



EVA-CHINがホテルステイの中でも比較的多く利用している大阪のリーガロイヤルホテル。「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の2つの特別フロアを持ち、合わせると今回で11回目の宿泊となります。残念ながら宿泊記形式で作成しても過去の宿泊記と似た感じになってしまう可能性があるので、リーガロイヤルホテルに関しては、宿泊したお部屋の様子や変更点などをご紹介するページに簡略化させて頂き、出来るだけスムーズにお届けしたいと思いますのでご了承下さい。



スイート・ルーム (スタイリッシュ・ラグジュアリータイプ) − リビングルーム −

今回利用したのは、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」のスイートルーム(スタイリッシュ・ラグジュアリータイプ)です。リーガロイヤルホテルでは「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の2つの特別フロアがありますが、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」の方が上位になり、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」の中でも今回利用したスタイリッシュ・ラグジュアリータイプとベージュ系のやわらかな色調でまとめられたインテリアがあるヨーロピアン・クラシックタイプに大別されます。またスタイリッシュ・ラグジュアリーの中でも色彩心理学に基づいたカラーバリエーションでお部屋の色が異なり、趣きがそれぞれ異なります。23階には専用フロント、専用ライブラリー、専用ラウンジがあり、時間を楽しむ優雅なヒトトキを過ごせます。


スイートのタイプは2種類

スタイリッシュ・ラグジュアリータイプでは、リビングルームとベッドルームの2つの表情を持たせた「スイートルーム」と、左の写真の様なワンルームスイートタイプの「コーナースイート」があります。コーナースイートの広さは56平米なので、こちらの方がちょっと狭いかも。


ソファ (リビングルーム)

リビングルームのソファのデザインはモダンで、やさしい色調をしています。ソファテーブルに乗っているのは、後ほどご紹介するウェルカムの和菓子です。


ライティングデスク

ライティングデスクのデザインはお部屋の雰囲気に合う落ち着いた感じのデスクで、使い勝手がとても良いです。デスクの上に置かれたお花が綺麗ですね。所々に植物があると、心が和みます。


 

テレビ & DVD (リビングルーム)

リビングルームのテレビはパナソニック社製、32インチの液晶テレビです。チャンネル数は地デジが8チャンネル、BSが10チャンネル、ホテルチャンネルが6チャンネルあります。ビデオはVHSとDVDに両対応したタイプ。今時、VHSタイプの需要は未知数ですが、過去の写真と比べると機種が微妙に違うので、故意にチョイスしているのかも知れません。


プライベートバー

専用ラウンジがあるのであまり利用しないかも知れませんが、一通りの内容は揃っております。基準としているビールは、サントリープレミアムモルツとアサヒプレミアム熟撰が840円。アサヒスーパードライが735円です。最高値はウィスキーと赤・白ワインで1050円。お茶セットは煎茶、ほうじ茶、こぶ茶、梅こぶ茶がありました。


ミネラルウォーター

冷蔵庫に入っていますが、こちらのミネラルウォーターはサービスです。アサヒの「富士山のバナジウム天然水」で容量は530mlです。


 

ウェルカム

「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」は鶴屋八幡の和菓子を頂ける事で有名ですね。今回は「舞鶴」と呼ばれる和菓子で、一般的に言う「どら焼き」でした。鶴屋八幡はデパ地下でも有名ですが、リーガロイヤルホテルの地下1階・「パレロイヤル」にも入っていますので、気に入ったら帰りに買って下さいね。


ベッドルーム

リビングルームの奥がベッドルームです。今回はグリーンを基調としていますが、グリーンの中でもフォレストグリーン、ライムツイスト、メドウグリーンなど複数の色があります。ベッドはハリウッドツインを選びましたが、実は大きなキングサイズにも変更ができます。


ベッド

ベッドスローなど色彩が変わると雰囲気が大きく変わりますが、注目して頂きたいのがベッドの中央です。ご覧の通り大きな羽毛が掛けられ、マットレスの境もありません。キングサイズにするとほぼ正方形の大きさで、流石に大きいですね。


 

ナイトテーブル

ナイトテーブルはお部屋の雰囲気にあったモダンなスタイルで、機能としては時計(デジタル)の他に、照明類の操作(ナイト・ルーム・フット)、ラジオ(NHK、NHKFM、ローカル、BGM)の操作が可能になっています。ちなみにカーテンの開閉は電動で操作できますが、別にリモコンが用意されています。


チョコレート

ナイトテーブルの上にはチョコレートが置かれています。ホテルオリジナルのミルクチョコレートで、ネットでの販売も行っています。

 


テレビ & DVD (ベッドルーム)

ベッドルームのテレビはリビングルームより一回り小さく、パナソニック社製の26インチの液晶テレビです。チャンネル数は同じで地デジが8チャンネル、BSが10チャンネル、ホテルチャンネルが6チャンネルあります。DVDはVHSとの一体型ではなく、DVD専用のプレイヤー。こちらもパナソニック社製です。


ソファ (ベッドルーム)

ベッドルームにもソファがあります。足を伸ばしながら夜景を見るのも素敵ですよ。


鏡台

ベッドルームにもデスクがありますが、こちらは壁に鏡があるので鏡台の役割を果たします。限られたスペースで色々なインテリアが置かれているものですね。


 

スリッパ

スリッパはリーガロイヤルのロゴがあるタオル地スリッパです。


キー

キーはシリンダー式ですが専用フロントのある23階を除き、エレベーターではこのキーが無いとプレジデンシャルタワーズの客室階には行けないシステムになっています。ちなみに、ナチュラルコンフォートタワーズはカードキーですが、エレベーターホールに仕切りガラスを設け、カードキーを差し込む事によって開錠するシステムになっています。


 

景色

今回は東側の景色です。基本的に東側と西側の2方向だけですが、西側はホテルの内側を向いているため、景色重視の方は東側をオススメ致します。大きな画像でご覧になりたい場合は、当サイトの壁紙ページにある「ホテルの窓から - 景色 -」をご覧下さいね。夜景もありますよ。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル ザ・プレジデンシャルタワーズ」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

「リーガロイヤルホテル ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

リーガロイヤルホテル大阪のトップページはこちら