ホテル選びはクチコミが大切!「フォートラベル」であなたの泊まりたいホテルをチェック!



次にご紹介するのはバスルームです。スイートルームのバスルームは洗面台、洗い場付きのお風呂と個室のトイレで構成されています。スイート以上のお部屋の最大の魅力はやはりバスルームにあり、洗い場付きタイプのため別途にシャワーブースはありませんが、バスタブの近くの壁には液晶テレビがはめ込まれており、お湯に入りながらテレビも楽しむことが出来るようになっております。ただ残念なことに今回のお部屋は、コーナースイートや「ナチュラルコンフォートタワーズ」のスイートにはあったバスブローがなく、スイートでもお部屋によって差があるようです。バスアメニティに関してはスイートならではのアメニティは特に見受けられませんでしたが、もともと数多くのバスアメニティを用意されているので、不足感は全くありません。


洗面台

洗面台はダブルシンクではありませんが、広いスペースを持ち使い勝手がとても良い洗面台です。蛇口や装飾も派手ではなく、ごく自然に使える洗面台ですね。一輪挿しが素敵です。


お風呂場

バスタブは洗い場付きの広いお風呂で、ゆったりとバスタイムを楽しむことができます。バスタブにはお湯の上限を制限する排水溝が無いためナミナミと溜めることが出来、お湯が溢れても洗い場に流れるので安心です。ただ今回のスイートでは、他のスイートであったバスブローの機能が無く、同じスイートでもお部屋によって設備が異なるのでしょうか?またシャワーヘッドに関しても、後から出来た「ナチュラルコンフォートタワーズ」のスイートの方がグレードが高いなど、設備的な面で課題が少々あるようです。


テレビ(バスルーム)

バスタブ横の壁には液晶テレビとリモコンがあり、お風呂を楽しみながらテレビを見られます。チャンネル数は地デジ8チャンネルでした。


バスピロー & 桶・腰掛

EVA-CHINは使うことは無いのですが、バスピローが置かれています。また、風呂桶、腰掛もあり、洗い場付のお風呂場なので便利ですね。ただ桶の方は場合によると木材の為に伸縮してしまい、お湯が漏れ出す事もあります(笑)。


タオル

タオルはバスタオルが4、フェイスタオルが4、ハンドタオルが4、足拭きマットが1あります。バスタオルなどの大きめなタオルにはリーガロイヤルホテルのロゴが入ります。


 

バスローブ

バスローブもあります。タグとベルト部分にホテル名が書かれていますが、胸元には特にロゴ等の装飾はありません。


バスアメニティ

豊富に揃ったバスアメニティは、シャンプー・コンディショナー・バブルバス・石鹸・入浴剤6種類(ゆずの湯・ひのきの湯・ミント・ラベンダー・ハーブ・ジャスミン)・レザー・歯ブラシ・シャワーキャップ・シェービングフォーム・爪やすり・クシ・コットン・綿棒・ヘアブラシ・AUSELESE(アフターシェーブローション・ヘアリキッド・ヘアトニック)・エリクシール(洗顔フォーム・化粧水・乳液)がありました。


体重計

体重計も置いてあります。100g単位で計れる様ですが、怖くて最近EVA-CHINは体重計に乗っていません。


パジャマ

パジャマスタイルです。胸元にリーガのロゴがあります。


トイレ

トイレは個室タイプです。


フィットネスルーム

ザ・プレジデンシャルタワーズの客室階・24階にはフィットネスルームがエレベーターホールの前にあります。広くは無いですが気軽に行ける距離にあるので、一汗運動してみては如何でしょうか。


24階・専用フィットネスルーム

広さは写真の通りで、これで全てになります。ザ・プレジデンシャルタワーズでもプール利用は無料ですが、ウエストウイング1階にあるフィットネスクラブは有料となるため、このスペースは活用したいですね。


ライブラリー

専用フロント、専用ラウンジのある23階には、「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」には無い専用ライブラリーがあります。ここには本やDVD、CDが並べられており、専用フロントに声を掛ければ客室に持っていくことが出来ます。



置いてるある本は芸術や洋書など普段読むことが無いような本ばかりですが、DVDは映画、アニメ、旅行などジャンルがあります。


マッサージチェア

ライブラリーにはマッサージチェアも置いてありますよ。


専用ラウンジ

「ザ・プレジデンシャルタワーズ」の専用ラウンジは専用フロントと同じ23階にあり、営業時間は午前7時から21時までですが、1日4回のフードプレゼンテーションを行っています。

朝食(7:00〜10:00)/ティータイム(11:00〜14:00)/アフタヌーンティー(14:00〜16:00)/アベリティフタイム(17:00〜21:00)

アペリティフタイムに限らずアルコール類も飲むことが出来、ナチュラルコンフォートタワーズの専用ラウンジよりもグレードが高く設定されています。


アフタヌーンティー(14:00〜16:00)

リーガロイヤルホテルのチェックインはアフタヌーンティーの時間帯です。ケーキやお菓子、サンドイッチ中心のラインナップで、午後の優雅な時間を楽しめます。「ザ・プレジデンシャルタワーズ」ではアペリティフタイムに限らずアルコール類が呑める所が嬉しいですね。ちなみに、「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」のラウンジでは、アルコール類はアベリティフタイム(17:00〜19:30)と明確に限られています。


プレジデンシャルタワーズの専用ラウンジでは、コンシェルジュが飲み物のオーダーを聞きにきます。もちろん写真の様にアルコール類も並べられているので、自分で取りに行くことも可能です。ちなみに「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の専用ラウンジではセルフサービスが基本のため、並べられている物も含めて差別化されているのが分かります。


アベリティフタイム(17:00〜21:00)

料理の内容が若干変更され、お酒に合うものが並びます。東側の夜景を眺めながら頂くお酒も格別なものですよ。



朝食(7:00〜10:00)

ザ・プレジデンシャルタワーズの朝食は和洋のビッフェスタイルですが、和食の充実度が高い事で有名です。写真の通りシェフが常に立ち、卵料理をオーダーに応じて作ってくれます。



ティータイム(11:00〜14:00)

連泊時はもちろんの事、チェックアウト直後でもラウンジでお茶を楽しめます。プチケーキとフルーツが並びます。



如何でしたでしょうか。特別フロアに宿泊したら、やっぱり専用ラウンジは欠かせませんよね。リーガロイヤルホテルでは今回ご紹介した「ザ・プレジデンシャルタワーズ」と日本の自然をテーマにした「ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」がありますので、当サイトの宿泊記で見比べて、あなたに合ったホテルライフを楽しんでくださいね。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「リーガロイヤルホテル ザ・プレジデンシャルタワーズ」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

「リーガロイヤルホテル ザ・ナチュラルコンフォートタワーズ」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

リーガロイヤルホテル大阪のトップページはこちら