EVA-CHIN御用達の「amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



ウェスティンホテル仙台

− THE WESTIN SENDAI −

「ウェスティンホテル仙台」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら



ウェスティンホテル仙台は2010年8月1日に杜の都・仙台にオープンした客室数292室のホテルです。仙台駅近くにある仙台トラストタワーの1階〜3階・25階〜37階にあり、日本国内で6番目にオープンしたウェスティンブランドとなります。ホテルのフロントは26階、客室は28階〜36階の東西南北全ての方向に面していますが、建物の構造上、仙台駅方向の東側と青葉城跡方向の西側に多くの客室を配置しています。客室階の35階・36階は特別フロアであるエグゼクティブフロアで、チェックイン・アウトは専用のクラブラウンジで行うことが出来ます。

客室は全室に「雲の上の寝心地のベッド」と称されるウェスティンホテル&リゾートが独自に開発したへブンリーベッドを採用し、客室の広さはモデレートの30平米からインペリアルスイートの142平米までありますが、平均して約43平米の広さがあります。緑豊かな仙台市街地から天気が良ければ遠くは太平洋、蔵王連峰まで見渡す事が可能で、仙台市街を一望できるホテルです。客室は窓が大きくモダン、かつ機能的なデザインでとても非日常感を楽しめ、仙台での観光・ビジネスの際にウェスティンホテル仙台を楽しまれてみては如何でしょうか。


ウェスティンホテル仙台 全景

ウェスティンホテル仙台はJR仙台駅から徒歩で10分程の距離にある37階建てのホテルです。仙台トラストタワーの28階〜36階に客室を設け、35階・36階は特別フロアであるエグゼクティブフロアを設定しています。仙台一の高さ180mを誇るビルの周囲には高い建物は無いため全て方向で景色が素晴らしく、都市的な眺めを楽しめる東側と、杜の都を感じる緑豊かな西側と全く様相が異なる景色を楽しめます。(写真は仙台駅歩道橋より撮影しました。)


ウェスティンホテル仙台 エントランス

真新しいロータリーとエントランス。仙台トラストタワーはホテルエントランス、オフィスエントランス、商業エリアであるトラストシティプラザ・エントランスの3つが横並びし、正面を向いてホテルエントランスは一番左にあります。エントランスを通りロビーへ向かうためには右手にあるエレベーターを使って26階に向かいます。


ウェスティンホテル仙台 ロビー

26階に上がるとフロントがありますが、ロビー空間はほとんどありません。中心にフロントを配置し、仙台駅方向を眺める東側にはレストラン・「シンフォニー」があります。客室用のエレベーターはフロントの奥にあり、37階にある日本料理「一舞庵」を利用するには同様に客室用エレベーターを利用します。その際に渡る25階から吹き抜けとなったガラスの橋は、とっても都会的でお洒落ですよ。


ウェスティンホテル仙台・レストラン「シンフォニー」のご予約はこちら

ウェスティンホテル仙台・ラウンジ&BAR「ホライゾン」のご予約はこちら


作成中

エグゼクティブフロア

コーナー・スイート 宿泊記  (2017年9月宿泊)

宿泊記

エグゼクティブフロア

クラブ・スーペリアキング 宿泊記 (2010年8月宿泊)