EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



お次はバスルームを見てみましょう。普段ホテルで利用するバスルームでは四方が壁に囲まれていて暗いのが普通ですが、バスルームに窓があるビューバスタイプでは大きな窓から明かりが差し込み電気を付けなくても明るく、普段のホテルステイとは全く異なった雰囲気があります。「ザ・スイート」もビューバスタイプのバスルームを持ち、バスタブと洗い場が一緒になっている所謂日本式タイプでありました。ただし構造上の問題からかバスルームの洗い場は幅がバスタブの3分の2程の長さで、同タイプのバスルームを持つ「ザ・クラブ・プレミア・バスビュー」の洗い場よりも狭い感じを受けます。バスタブの横にはベッドルーム並の大きな窓があり、窓枠はバスタブより下から天井まであるのでお湯につかりながら景色を楽しむことができるようになっておりました。景色は「ザ・クラブ・プレミア・バスビュー」の様なレインボーブリッジ側ではなく品川駅側で、広大なJR操車場や行き交う列車を眺めながらお湯を楽しめます。更にバスタブには4箇所から吹き出すジャグジーも付いており、強弱二つの設定が出来るようになっています。タイマー機能も持っているようで一定時間が過ぎると自動的に止まる安心設計です。バスルームは日本式タイプのバスルームと洗面台、トイレで構成されており、リビングルームにもトイレがありますが、バスルームのトイレはすりガラスの扉がある個室タイプで、非日常的なバスタイムを楽しめそうなバスルームでありました。


バスルーム

バスルームは洗い場付きのお風呂、ダブルシンクの洗面台、個室のトイレで構成されており、お風呂場がビューバスタイプなので全体的に自然の光が入り明るく感じます。ちなみに、リビングルームのテレビ音声をバスルーム内に流すことが可能です。


 

バスタブ

写真の通り洗い場付ですが、構造上の問題なのか洗い場はバスタブよりも短く少し狭いです。バスタブの真横には大きな窓と4カ所から吹き出るジャグジーがあり、素敵なバスタイムを演出してくれます。ジャクジーの調整は押しボタン方式で「強→弱→オフ」で切り替わり、ある一定時間になると自動的にストップするようになっておりました。シャワーはハンドシャワーのみですが、3種類の水流を楽しめる様になっておりました。


洗面台

洗面台はダブルシンクで広々と使えます。デザインもシンプルで結構素敵ですね。


トイレ

トイレはバスルーム内にもあり、すりガラスの扉がある個室タイプです。


 

バスアメニティ

バスアメニティは充実しており、シャンプー・コンディショナー・バスジェル・ボディローション・石鹸・歯ブラシ・クシ・ブラシ・レザー・シェービングジェル・コットン・綿棒・ヘアゴム・シャワーキャップ・耳栓・洗顔石鹸があります。石鹸はごま入りの珍しい石鹸で、特筆は歯磨き粉・薬用GUMが40gの大きなサイズでした。


タオル

タオルはバスが4、フェイスが2、ハンドが4ありました。


バスローブ

バスローブはストリングスのロゴが素敵なバスロームで肌触りも良かったです。


暫くお部屋で寛いだ後、嫁さんはフィットネスに向かいました。EVA-CHINはその間お部屋で写真を撮ったり外の景色を楽しみます。嫁さんからの感想を聞くと「ストリングスホテル東京」のフィットネスは26階にあり、お部屋のカードキーを差し込んで中に入ります。中に受付があってウェアの他に靴下やシューズを無料で借りられますが、ジムの中にはタオルが用意されていないので、更衣室から持って行った方が良いとの事でした。ちなみに水は用意されておりますが、スポーツドリングは200円で販売しているそうです。


 

フィットネスルーム

ストリングスホテル東京の26階にはジムがあり、宿泊者であれば無料で利用する事ができます。


ピンポーン

嫁さんがフィットネスを楽しんでいる間EVA-CHINがお部屋で寛いでいると、チャイムが鳴りました。扉を開けるとスーツを着た男性1名が立っておりました。

スタッフ : 「お休みの準備を行っても宜しいですか?」

EVA-CHINは直ぐにお願いをする事にします。男性は入口に置いてあった夕刊を中に入れテキパキと準備を行い、部屋を下がりました。スーツを着た男性が1名で行うので部屋が大きく変わることはありませんが、ベッドの上にはストリングスホテル東京オリジナルのテディベアがちょこんと座っていたのであります。ちなみにストリングスホテル東京でテディベアを貰うにはザ・クラブ以上のカテゴリに宿泊する必要があります。今回は3周年の新バージョン・シリアルナンバー入りで限定2000個のホテルオリジナルテディです。通常、シリアル番号のリクエストは出来ませんがスイートに宿泊するゲストのみリクエストする事が可能で、EVA-CHINが選んだ番号は「1016」。実は10月16日が結婚記念日でありますが、偶然にも当サイトの開設日でもあります。

さて、嫁さんが帰ってきた後、EVA-CHINと嫁さんは食事を頂きに外へ出ることにしました。ホテルの中で食事をしたい気分でもありましたが、残念ながら「ストリングスホテル東京」はフランス料理「THE DINING」と中国料理「CHINA SHADOW」の2店舗だけでEVA-CHINの好きな日本料理はありません。その為、ホテル外でEVA-CHINの知る日本料理店で会席料理を頂きました。お酒も入り良い気分になって戻って来たのは21時過ぎで、ホテルに戻ると暫くリビングルームでテレビを見ながら寛いだのであります。


テディベア

ザ・クラブ」以上のカテゴリに宿泊すると、ホテルオリジナルのテディベアを貰うことが出来ます。今回は3周年記念の2000個限定シリアルナンバー付きベアで、EVA-CHINは「1016」を頂きました。EVA-CHINは初代ベア(2003年5月〜7月5000個配布)と今回の3周年テディを持っています。


暫く寛いだ後にバスタイムを楽しむことにしました。「ザ・スイート」のバスルームは先程ご紹介した通り、ジェットバス付きのビューバスであります。ジェットバスで寛ぎながら夜景を眺めることは正に贅沢であり、行き交う列車を眺めながらEVA-CHINはゆっくりと入りました。若干、窓ガラスが曇り易い欠点はありましたが、何とも非日常的な時間を楽しんだのであります。

バスタイムの後はベッドの上で寛ぎながらテレビを眺めました。テレビに飽きたら電気を消し、部屋に備え付けてある星空投影機でプラネタリウムを楽しむことにしました。EVA-CHINは初めて見ましたがとても幻想的な世界で、スイッチ一つで流れる彗星も作り出すことができます。部屋が真っ暗で星も繊細な光のため写真に写すことは出来ませんでしたが、現実の外は雨空で星を見ることは出来ないので、ベッドの上で寝転びながら眺められる星空はとても贅沢だと思いました。この星空投影機にはスリープ機能が付いておりEVA-CHINはタイマーをONにして星空を眺め、いつの間にかストリングスホテル東京の夜は更けていったのであります。


シャンパンで乾杯!

もちろん眠る前にシャンパンを頂きました。クォーターサイズなのでグラス2杯程の量です。


翌日、EVA-CHINは8時頃起床しました。嫁さんは既に朝のバスタイムを楽しんでいるらしく、EVA-CHINはレストランで食事に行く程度に身なりを整え、8時45分頃、嫁さんと一緒に26階の「THE DINING」に向かいます。
「THE DINING」の朝食は洋食のビュッフェ式であります。朝食券を入口で渡すと席に通されますが、ビッフェ式なので料理を選びに直ぐ席を立ちます。初ステイの際のビッフェは温かい料理の無いコンチネンタルビュッフェでありましたが、現在はソーセージ等の温かい料理があるだけではなく、シェフが目の前で卵料理を作ってくれたりします。種類も比較的に多くフルーツも充実しており、開放的な空間で朝から美味しい朝食を楽しむことが出来ます。


朝食

朝食は26階の「THE DINING」で頂きました。ビュッフェ式で色々な食材が取り揃えられており、卵料理はシェフが注文に応じて目の前で作ってくれます。オープン当時はコンチネンタルビッフェで料理の数が少なかったですが、現在は満足のいく内容です。


お部屋に戻った後、チェックアウトまでの2時間程を部屋で寛ぎました。EVA-CHINは起きてからまだお風呂に入っていないので、バスタイムを楽しむことにしました。バスタブから眺める景色は昨日と変わらず雨の風景ですが、ジェットバスで最後の非日常を楽しんだのであります。


チェックアウト前にサッパリ!

夜も良いですが、午前中に入るお風呂も格別気持ちが良いですね。ジェットバスで体を解し、行き交う電車を眺めながら入りました。ガラスが若干曇りやすかったのは、ちょっと残念ですが、十分に非日常を楽しむ事ができました。


11時40分頃、EVA-CHINと嫁さんはチェックアウトのために26階に下りました。26階のエレベーターホールに着くと直ぐにベルガールがセキュリティの扉を開き、スムーズに対応をします。

ベルガール : 「ご出発ですか?」

EVA-CHINはチェックアウトの旨を伝えてベルガールに荷物を渡します。直ぐにフロントへ案内されてカードキーを渡すと、すぐにチェックアウトの手続きが完了しました。

チェックアウトが終わり帰ろうとすると、ベルガールが荷物をアクセス用のエレベーターホールまで運んでくれました。

ベルガール : 「本日は生憎のお天気ですが、どちらかにお出かけですか?」

いえいえ、天気も悪いのでこのまま家に帰りますよ。今度ストリングスホテル東京に宿泊する時は、晴れて綺麗な景色を眺めてみたいものです。EVA-CHINはエレベーターホールでベルガールから荷物を受け取り、ベルガールのお辞儀に送られながらストリングスホテル東京を出発したのでありました。今まで異なる客室に宿泊してきましたが、やはりスイートは寛げます。次回はどのタイプのお部屋に泊まろうかと思いながら品川駅からホテルを眺めるEVA-CHINでありました。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

ザ・ストリングスホテル東京のトップページはこちら