EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



さて、お次はバスルームを見てみましょう。今回利用したバスルームは洗面台、洗い場付きのお風呂、トイレで構成されております。前回利用した「ザ・クラブ・グランデ」との大きな差はバスビューでは無いことと、ジャグジー機能も無いこと、それにトイレは個室にはなっていないことであります。しかしながら「グランデ」はある意味特殊なお部屋ではありますので、ストリングスホテルでは今回利用するお部屋のバスルームが一般的な構造だと思われます。もちろんバスルーム内にテレビ音声を流すことが出来るボリュームスイッチはありますが、お風呂との間はガラスで区切られていますので音は聞き取り難くなっております。


洗面台

とてもシンプルな設計に見えますが、細かいところにこだわりを持つ洗面台でありました。蛇口は格好良く、アメニティの置き方も素敵です。


   

バスルーム

標準的な洗い場付きのバスルームで、割と広いスペースをとっております。水量も豊富でゆったり感のあるバスルームですが、バスタブは洗い場付きであってもお湯の上限を調整する排水溝があるため、ナミナミとお湯を張ることはできません。また洗面台のあるパウダールームにはテレビ音声を流す事ができるボリュームスイッチがありますが、バスルーム内ではガラスで区切られてしまう為、あまり聞き取れない欠点があります。


トイレ

トイレは個室ではありませんが、写真のように陰に隠れるような感じで配置されております。ただしトイレの位置はお部屋によって異なっているようで、EVA-CHINの泊まったプレミア・ツインでは、座るとバスルームの左手の写真のような景色が広がります。


アメニティ

「ザ・クラブ」との差は、ボディウォッシュタオル程度でその他は共通な感じです。シャンプー・コンディショナー・バスジェル・ボディローション・石鹸・歯ブラシ・クシ・ブラシ・レザー・シェービングジェル・コットン・綿棒・シャワーキャップ・洗顔石鹸があります。石鹸はごま入りの珍しい石鹸で、特筆は歯磨き粉・薬用デンターが12gサイズです。


タオル

タオルは基本的に洗面台に置かれています。バス(3)、フェイス(2)、ハンド(2)と若干少なめな感じでした。


バスローブ

モデレートでもバスローブはあります。バスルームで撮影していますが、通常はクローゼット内に置かれています。こちらも胸元にストリングスのロゴマークが入っております。


さてお部屋で写真を何枚か撮影していると、窓の景色が段々と暗くなって来たのであります。眼下にある品川駅は頻繁に電車が行き交いホームにもサラリーマンやOLの姿が目立ち始めた頃、EVA-CHINは夕食を頂きに外へ出ることにしてみました。ベルガールがチャイナシャドーを推薦しておりましたが、品川グランドコモンズには豊富なレストランが入居しているため食事には全く困らないのであります。客室からはダイレクトで2階には行くことが出来ないため一度ロビーのある26階で乗り換えなければいけませんが、セキュリティ面を考えればさすがは最新のホテルであります。エレベータはガラス張りでロビーの様子を一望することが出来、今宵は「ザ・ダイニング」にもそれなりの人達が食事を楽しんでおりました。EVA-CHINは残念ながらその中に入らず外へ出ますが、明日の朝食はここ「ザ・ダイニング」なので何となく気になるのであります。

さて、ストリングスホテル東京を出たEVA-CHINは品川グランドコモンズのレストラン街に向かいました。前回はこのサイトでは登場回数断然トップの「和幸」さんでありますが、今回は「和幸」さんをすり抜けあるお店に向かったのであります。そのお店の名は「信州そば野」さん。名前である程度察しが付くと思いますが蕎麦屋さんであります。実はこのお店を事前に知っていた訳ではありません。レストラン街にある案内図を見て立ち寄って見たのですが、掲げられているメニューが妙に惹きつけられる内容だったのであります。お店も蕎麦屋と言うイメージを少し和らげた感じでメニュー内容も豊富、さらに気に入った点は地ビールを楽しめる事でありました。地ビールはお店の名前に信州という文字が入るだけあって「安曇野」の地ビールであります。もちろんEVA-CHINは地ビールも(「も」ですよ)頂いたのでありました。地ビールの他にも気に入ったのが「合鴨ずし(780円)」や「ざる(680円)」でありまして、特に「ざる(そば)」には本物のワサビが付いて自分ですり下ろすのであります。更に余った「わさび」お持ち帰りが出来るという優れもので、テーブルにはワサビのお持ち帰り専用袋が用意されておりました。慣れない街では何かと「和幸」さんを利用してしまうEVA-CHINではありますが、今回の「信州そば野」の登場で心が傾くEVA-CHINなのでありました。

夕食も終わりお部屋に戻ってみると、大きな窓の先は東京の綺麗な夜景が広がっておりました。EVA-CHINは窓から夜景を眺めつつ非日常空間を楽しんだのであります。ちなみに「モデレート」では「ザ・クラブ」と異なってターンダウンはありません。「ザ・クラブ」と大きく異なる面は、設備面としてはMD・CDプレイヤーが無いこととミニバーが有料なこと、サービス面ではチェックインがお部屋で出来ないこと、ターンダウンがないこと程度に思われます。後はアメニティ的にボディウォッシュタオルが無いなど細かい点がある程度なのかな?

お部屋でくつろいだ後は大好きなバスタイムへと移りました。ルンルン気分でお風呂を楽しんだのですが、バスルームに残念な点もありました。洗い場付きのバスタブにも関わらずバスタブにはお湯の上限を制限する排水溝があるために、思いの外お湯が張れないのであります。EVA-CHINの様に体が小さい者でも思うわけですから、体格がいい人は尚更かもしれません。更に洗い場付きの欠点と申しましょうか、テレビ音声を最大にしても実に聞き取りにくいのであります。この点は設備的に仕方が無いのかも知れませんが、この点を踏まえると「グランドハイアット福岡」のバスルームは、液晶テレビは小さいものの実に上手い配置だと思うのでありました。

お風呂から出た後はベッドの上でダラダラと過ごすのが好きなEVA-CHINであります。今回のお部屋はダイナミックな景色を楽しめるお部屋なので、カーテンは全く閉めず全開で楽しみました。嬉しい事にストリングスホテル東京のベッドは寝心地が良い上にベッドの高さが窓の高さに合わせられて出来ているので、横になっても景色を十分に楽しめるのであります。線路を挟んだ正面に見えるのは「プリンスホテル」、あちらの宿泊客はストリングスホテルをどう見えるのかなと思うEVA-CHINなのでありました。時間と共にウトウトし始め、あまりの心地良さに眠ってしまうEVA-CHINなのでありました。


夜景

夜になると素敵な夜景が広がります。対面に見えるビルは品川駅前にあるプリンスホテルで、あちらのホテルからはストリングスホテル東京がどう見えるのでありましょうか。


ラグジュアリー

とても絵になるベッドですね。奥には盆栽?のような緑もあって、ダラダラする事が好きなEVA-CHINには実に心落ち着くお部屋です。


翌日・・、書込む必要性は無いかも知れませんが、お寝坊から始まります(笑)。カーテンを閉めずに眠ってしまった為、窓から射し込む光で目が覚めるかと思ったのですが・・・

EVA-CHIN    :  「ありゃりゃ!?」

窓の先は真っ白なのであります。昨日は見えた東京タワーも新宿も恵比寿も全く見えず、真下に走るJR、線路を挟んだ所にある「プリンスホテル」が見える程度、ほぼ真っ白に近い状態でありました。このお部屋は景色も売り物に出来るお部屋だと思いますますが、天候が雨や霧などで視界が悪くなると実に残念なお部屋になることが分かったのでありました。一昨日は晴れ、夜を迎えた昨夜は曇り、今朝は雨、ちなみに翌日は晴れと、天候にはちょっと恵まれないホテルステイでありました。


 

翌朝

目が覚めると悲しきことに雨でありました。高層ビルの宿命でしょうか、地上を見ても霞んでみえます。もちろん東京タワーなどの離れたビルや街は見えず、ちょっと寂しいですね。


気を取り直してEVA-CHINは身支度を行い、本日の朝食となる「ザ・ダイニング」へと向かいます。前回の宿泊でも「ザ・ダイニング」での朝食は楽しみましたが、コンチネンタルビッフェは実に食材の寂しさを感じるものではありました。しかしながらストリングスホテル東京はこの朝食を大幅に見直した様なのであります。宿泊する前に当サイトの掲示板にお書き込みを頂いたのですが、ベーコンや卵まで用意されたという情報を頂いたので、EVA-CHINは期待を持ちながら「ザ・ダイニング」のある26階へ向かったのでありました。

「ガラスの橋」の入口から「ザ・ダイニング」に入るEVA-CHIN。テーブルへ案内された後にコーヒーか紅茶かを聞かれ、早速料理を取りに行くことにします。一通り料理内容を眺めてみますと、確かに構成が大きく変わっていたのでありました。従来あった料理に付け加えられて、ソーセージやベーコン、卵、ポテトなど・・・これは明らかにコンチネンタルでは無くなっていたのであります。しかも片隅にはシェフがおり卵料理を作っている様子で、前回宿泊した際に欠点だと思われたストリングスの朝食は解消されていたのでありました。料理を取ってテーブルで食するEVA-CHIN。吹き抜けが作り上げる独特な雰囲気も重なって、実に美味な朝食なのでありました。

さて朝食も終わりお部屋に戻ると、チェックアウトタイムギリギリまでお部屋を楽しみます。窓の外は残念ながら雨で視界は全く良くはなりませんが、眼下を走る鉄道を見ているだけでも結構楽しいものです。時間はアッという間に過ぎていき、まもなく荷物をまとめて出発する時間であります。EVA-CHINはお部屋を出た後エレベーターに乗ってフロントに向かうと、さすがに平日だけあってかなり閑散としておりました。

ベルガール  : 「ご出発ですか?」

ベルガールはEVA-CHINに尋ねるとすぐ近くにあるカウンターへと案内をします。そして精算は極めてスムーズに行われ、デポジットでプリントされたクレジットカードの情報は目の前で破棄し、再度カードで精算をしてチェックアウト業務を完了したのでありました。

帰りは行きと同じく2階にあるスカイウェイエントランスから出発しました。行きと同じく京急品川駅を利用して出発するEVA-CHINではありますが、この後は会社に直接出社という現実に戻されるEVA-CHINなのでありました。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

  

ストリングスホテル東京 のトップページはこちら