EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。




ベッドルームを一通り眺めたEVA-CHINは、次にバスルームを覗いてみることにしました。ベルガールが言っていた「バスルームからもレインボーブリッジが眺められます。」という言葉にドキドキしながら扉を開けてみます。

EVA-CHIN  : 「おっ、明るい!!」

普段ホテルで利用するバスルームでは四方が壁に囲まれていて暗いのが普通です。しかしバスルームに窓のあるバスビューでは大きな窓から明かりが差し込み電気を付けなくても明るく、普段のホテルステイとは全く異なった展開が待ち受けているのであります。今回の「ザ・クラブ・グランデ」の最大の特徴であるバスルームは、バスタブと洗い場が一緒になっている所謂日本式タイプ。もちろんバスタブも洗い場も大きなスペースをとっており、十分すぎるほどの広さを持っております。バスタブの横にはベッドルーム並の大きな窓があり、窓枠はバスタブより下から天井まであるのでお湯につかりながら景色を楽しむことができるようになっておりました。更にバスタブには4箇所から吹き出すジャグジーも付いており、強弱二つの設定が出来るようになっている上、タイマー機能も持っているようで一定時間を過ぎると自動的に止まる様にもなっております。バスルームは日本式タイプのバスルームと洗面台、トイレで構成されていますが、トイレは曇りガラスで個室タイプになっていて洗面台と共に床が漆黒のフローリングになっておりました。数字の割にはベッドルームが狭く感じたのはこのバスルームが広く設けられている為でもあり、この「ザ・クラブ・グランデ」というお部屋はかなり特殊な存在とも言えます。尚、テレビ音声をバスルーム内で聞くことができるボリュームスイッチも洗面台に付いておりましたが、この音声を聞けるのはパウダールームとトイレが限界のようでしてバスルームには音が殆ど届きませんでした。もちろんジャグジーを作動させると作動音がバスルーム内に響くので全く聞こえなくなることは言うまでもありません。


洗面台

とてもシンプルな設計に見えますが、細かいところにこだわりを持つ洗面台でありました。蛇口は格好良く、アメニティの置き方も素敵です。ただバスタオルはもう少し別の所に置けなかったのかな?


  

バスルーム

今回の最大の特徴がやはりバスルームです。広い面積で洗い場付きの所謂日本式になっておりますが、大きな窓と4カ所から吹き出るジャグジーが素敵なバスタイムを演出してくれます。ジャクジーの調整は押しボタン方式で「強→弱→オフ」で切り替わり、ある一定時間になると自動的にストップするようになっておりました。バスタブにはバスピロー?、窓も大きいためお湯に入っていても十分な視界を持っております。もちろんブラインドもありますのでご安心下さい。


トイレ

トイレは曇りガラスで個室になっており、もちろんウォシュレット付きでありました。床が漆黒のフローリングになっていたので、トイレであってもシャープさを感じさせます。


タオル

タオルは基本的に洗面台に置かれています。バス(3)、フェイス(2)、ハンド(2)と若干少なめですが、写真のバスタオルの手前に見えるように、ボディウォッシュタオルも2つ置いてありました。


 

アメニティ

パンフレットでは「ザ・クラブでは上質なアメニティ」とあったので、もしかしたらモデレートと若干の違いがあるかも知れません。シャンプー・コンディショナー・バスジェル・ボディローションと石鹸がバスルーム内に置かれ、その他に歯ブラシ、クシ、ブラシ、レザー、シェービングジェル、コットン、綿棒、シャワーキャップ、洗顔石鹸があります。石鹸はごま入りの珍しい石鹸。シャンプー等の液状は右の写真の通りチューブに入っています。


ピンポーン

17時30分頃、突然部屋のチャイムがなりました。はて!?一体何でありましょうか?

メイド  : 「お休みの準備に参りました。」

これは紛れもなくターンダウンでありました。正直申しましてEVA-CHINはストリングスホテル東京にターンダウンがあるとは思っていなかったのであります。確かに品川港南エリアで唯一の高級シティホテルではありますが、このホテルの運営はエーエヌエーホテルズ、つまり全日空ホテルなのであります。表面上ではストリングスホテル東京ですが経営はエーエヌエーホテル品川。完全にEVA-CHINは普通の全日空ホテルで捕らえてしまっていたのでありました。さすがは「最高の癒しの空間と最新の宿泊設備」を提供する「新ANAホテル」!ラグジュアリーホテルに相応しいサービスなのであります。

メイドはテキパキとターンダウン作業を行いお部屋を下がっていきました。ベッドは完全に純白となり、EVA-CHIN好みに仕立てられていったのであります。しかもベッドの上にはナイトシャツと共にテディベアがメッセージを持って座っていたのでありました。

「おやすみのご準備にうかがわせて頂きました。”テディ・ベア”はご宿泊の思い出にご自宅までお供させていただきますか?」

何とテディベアを自宅までお供させて下さいとは、ストリングスホテル東京の演出は実に上手いですよね。女性ならかなり心を動かされるのではないでしょうか。


ターンダウン

ターンダウンが済むと、ベッドの上にはナイトシャツとメッセージカードを持ったテディベアが置かれていました。テディベアの首には「THE STRINGS HOTEL TOKYO Newly Opened in May 2003」と書かれたリボンが巻かれておりました。


19時になった頃、EVA-CHINは夕食を食べるためにホテルの外へ出ることにしました。品川グランドコモンズでは地下を中心に飲食店が揃っており、その情報はEVA-CHINより先にストリングスホテル東京にご宿泊されたシューちゃんさんから、EVA-CHINの好きな「和幸」が有るという情報をお寄せいただいたのであります。その為EVA-CHINはエレベータで客室用の26階エレベーターホールに下ります。

カチッ

客室用エレベータホールと一般エレベータホールの間に有るセキュリティドアは、外からは部屋の鍵で開けなければなりませんが、中からは人の動きを捕らえて自動的に開くようになっております。

ベル  : 「行ってらっしゃいませ。」

フロントの方から声がかかりました。客室用エレベータはガラスで囲まれているため、ゲストの動きが十分に把握できるメリットもだしているようなのでありました。EVA-CHINはそのまま一般エレベータに乗り換えて2階へ下りた後、予定通り「とんかつ和幸」に入り込みビールを飲みながら揚げ物を食べるという密かな楽しみを味わうのでありました。

食事が終わった後お部屋に戻ったEVA-CHIN。外は既に暗くなっており、レインボーブリッジが綺麗に見えるようになってきました。宿泊したのが日曜日のため、周りに点在するオフィスビルに明かりが少ないのは残念ではありますが、それでも東京ベイ独特の夜景が広がっていたのであります。そして今宵のメインイベント!バスターイム!!今回は景色も楽しめ、ジャグジーもさらに楽しめ、普段でも長い時間のバスタイムを楽しみますが、さらに長くなったことは言うまでもありません。


バスタイム

バスジェルを入れてみて、ジャグジーをオンにしてみたら、アッという間に泡泡状態になっちゃいました。夜景を眺めながらのバスタイムは実にラグジュアリーです。


長い時間最高のバスタイムを楽しんだEVA-CHINは、全身ふやふや状態でベッドルームに戻って参りました。そうなるとお次はやっぱりビールでしょ。お風呂上がりのビールはやっぱり旨いよねー・・と怪しい独り言を呟きながら、すべて無料のプレミアムプライベートバーからビールを取り出したのでありました。しかし待てよ・・・・

ザ・クラブのプライベートプレミアムバーはモデレートと異なってすべて無料です。ビールのほかにも、ソフトドリンク、ミネラルウォーター、スコッチ、バーボン、ジン、ブランデーそしてシャンパンがあります。EVA-CHINはビールが一番好きなのですがアルコールの許容量は低いため頂ける量には限界があるのです。夕食の時にビールを飲んだことを思いだしお次はいつもと違うものを飲んでみることにしました。そこで手に取ってみたのがシャンパン。EVA-CHINにシャンパン・・・実に似合わない組み合わせと思われる方が多いかも知れませんね(笑)。シャンパンもワインやブランデーと同じようにピンからキリまであるかと思いますが、冷蔵庫に入っていたシャンパンは「モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル」のクォーターボトル。モデレートでは1500円。慣れぬ手つきで栓を抜きグラスに注ぐと、「絵になるなー」と思って写真をパチリ。やっぱりホテル内ではカメラが手放せないEVA-CHINなのでありました。


シャンパン

いつもビールを飲むEVA-CHINですが、今回はシャンパンを楽しんでみました。幸せ気分〜♪独りだけど。


慣れぬシャンパンを飲んでしまうと、やはり眠気が襲って参りました。いつ寝ても大丈夫なように歯を磨きパジャマに着替えます。パジャマと表現してしまいましたが正確にはナイトシャツであります。ベッド上でテレビのチャンネルを変えながらゴロゴロしているといつの間にかに寝てしまっていたりした為、EVA-CHINは午前1時頃就寝とするのでありました。

翌日、やっぱり朝の遅いEVA-CHINは9時頃起き出します。窓はカーテンも何も閉めてはいないので早朝から明るかったはずなのですが、やっぱり明るさも関係なくお寝坊してしまうのでありました。身なりを取りあえず整えて、本日の朝食となる「ザ・ダイニング」に向かいます。廊下やエレベータからザ・ダイニングを眺めて見ますとあまりお客様の数は多くないようでありました。エレベータで26階におり、必然的にフロントの前を通ります。

ベル  : 「おはようございます」

挨拶を交わしながらEVA-CHINはザ・ダイニングへと向かいました。ザ・ダイニングの入口はロビー中央にあるガラスの橋のほぼ中央にあります。そのまま朝食券を提示して席に案内をしてもらうのでありました。

ザ・ダイニングでの朝食は、コンチネンタル・ビッフェでありました。形式がコンチネンタルのため基本的に卵やソーセージの様な温かいものはなく、一通り眺めてみるとパンの他にサラダとハム、フルーツ3種、スモークサーモン、フレークという感じの素朴な品揃えであります。EVA-CHINも上品(笑)に食材を選び、テーブルに戻って朝食を楽しんだのでありました。

朝食が終わった後お部屋に戻ったEVA-CHINは、次にまたバスタイムを楽しむことにしたのであります。時間は10時15分頃で月曜日。周りのオフィスビルではビジネスマンが一生懸命お仕事をしている中、EVA-CHINはバスビューのバスタブで景色を楽しみながら、しかもジャグジーを楽しみながらお風呂に入るのであります。何という贅沢!こんな生活が日常化できれば、これ以上人生に於いて何も言うことはありませんね(笑)。ちなみにこのバスタイムは約1時間ほどでありました。東京湾、レインボーブリッジ、時々目にする東京モノレールや新幹線。かなりきつい角度にはなりますが六本木ヒルズも見ることが出来、飽きもしないままお風呂を楽しみながら景色を眺めていたのでありました。

思う存分バスタイムを楽しんでいるとチェックアウトの時間も迫ってきたのであります。2月以来の東京での宿泊でしたが、今回は実に満足したホテルステイなのでありました。26階に降りフロントでチェックアウトをお願いするEVA-CHIN。「おくつろぎ頂けましたか?」というフロントの言葉に、心の中からくつろげたと思ったのでありました。チェックアウトの手続きも終わって下に降りるエレベータに乗るとベルガールがお辞儀をしながら見送る姿が見え、またステイしようと思いながら品川駅を後にするEVA-CHINなのでありました。

 


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

  

ストリングスホテル東京 のトップページはこちら