ホテル選びはクチコミが大切!「フォートラベル」であなたの泊まりたいホテルをチェック!




大きな窓をもつ華麗な客室、クローゼットルームまで持つお部屋ですから、バスルームに期待を持ってしまうのは当然の成り行きだと思います。EVA-CHINはドキドキしながらバスルームのドアを開けると、期待通りのバスルームが広がっていたのであります。まずコーナーだけあってバスタブの所に窓が付いておりました。窓からは千葉駅方向の風景を望む事が出来、目の前には道を挟んで「ホテル・ザ・マンハッタン」や「ホテルフランクス」があります。ただ全体的には公園や駐車場で囲まれ内陸方向には畑が広がる土地柄の関係上、街の明かりで夜景が綺麗とはちょっと苦しいかな・・・・。更にバスルームにはシャワーブースやテレビも置いてあり、ラグジュアリーなバスタイムはお約束してくれそうです。尚、バスルームにはボリュームスイッチがありますがこれはラジオやBGMのボリュームで、チャンネルの変更はベッドサイドの操作パネルで行います。バスルームのテレビは独立して動き操作は付属のリモコンで行います。


バスルーム

洗面台、バスタブ、シャワーブース、トイレで構成されたバスルームは、高級感ある色彩とバスビューでとても優雅なバスルームになっております。


洗面台

洗面台は高級感あるダークグリーン、更に小さなテレビまで備え付けられています。テレビは横にあるリモコンで操作し、ベッドルームのテレビとは連動していません。


バスタブ

ご覧のようにバスビューになっておりますが、窓の位置が若干高いので眺めるには体を起こす必要性があります。窓の外に見える青いライトは「ホテル・ザ・マンハッタン」の屋根部分で、隣にあるホテルフランクスと共によく見えます。反対に向こうからもこちらがよく見えちゃうのかな?


シャワーブース

ラグジュアリーの必須、シャワーブースもちゃんとありました。水量も豊富で使いやすく、とっても贅沢です。


トイレ

トイレにはもちろんウォシュレットが付いております。


アメニティ

アメニティは豊富に揃っておりました。

シャンプー(2)、リンス(2)、ボディソープ(2)、バスソルト、レザー、クシ、シェービングフォーム、シャワーキャップ、綿棒、歯ブラシ(2)

がありました。


タオル

タオルは、バス、フェイス、ハンドが各3の他に、ボディウォッシュタオルもあります。


バスローブ

こちらもラグジュアリーの必須アイテムですね。バスローブはクローゼットルームに置いてあり、胸にはニューオータニのロゴがあって、格好良いです。


一通り客室を眺めた後、EVA-CHINは夕食を食べる為にホテルから出ることにしました。入るときは1階のメインエントランスから入りましたが、今度は2階のエントランスから出ることにします。ホテルの2階は宴会場を主力としているようでEVA-CHINが降りた19時前後では人通りが全くありませんでしたが、そのお陰でゆっくりと2階の様子を見ることができました。2階では吹き抜けになったロビーを上から望むことが出来る所もあり、その周囲にエントランスが2カ所あります。ただ2階のエントランスはかなり小さく時間によっては空いていないようなので、やはり利用するのは1階のメインエントランスが良い感じです。

さてさてEVA-CHINの華麗なる夕食。実はEVA-CHINはある二つのお店の選択に悩んでおりました。「和食」か「イタリアン」か・・・、詳しく書いてしまえば「とんかつ和幸」か「サイゼリヤ」か・・・、あーやっぱり根が庶民だなぁ、EVA-CHINって(笑)。共に海浜幕張駅前にあるビルに、しかも同じ階に入っていたのであります。お店に入る直前まで悩んでいたのですが、結局軍配は「サイゼリヤ」に決定しお店の中へ・・・、やっぱり客層は若者層が中心で結構賑わっておりました。サイゼリヤで普通で飲んで食べたEVA-CHINでしたが、帰りに本屋によると小腹がすいて今度はロッテリアへ。あまり動きもしないEVA-CHINなので、太る前兆なのかしら。(笑)

夕食の後はホテルに戻り、EVA-CHINの大好きなバスタイムを楽しみます。今回はバスビューのお風呂とテレビ付きという豪華仕様で何とも言えないバスタイムを楽しみました。ただやはり夜景はちょっと物寂しい感じとマンハッタンに微妙に近いという感じが否めない所はやっぱりご愛敬でしょうか。長いバスタイムの後は大きなベッドの上でダラダラと過ごし、海浜幕張での夜が更けていくのでありました。

翌日、やっぱり寝坊で始まります。昨日は出勤日だったのでチェックインが夜になってしまいましたが、本日はちゃんとお休みなのでチェックアウトは12時までゆっくりできます。ただ今回のプランはルームチャージのみなので朝食は付いておりません。レストランに行こうかと悩みましたがチェックアウト後に外で食べることにしました。さて、昨日見ることが出来なかった窓からの風景ですが、海の青と公園の緑が何とも言えないリゾート的な風景が広がっていました。EVA-CHINが宿泊した方向では幕張メッセの展示場が見えないので、目の前に見えるビルは幕張プリンスのみです。この大きな窓からの風景は、海浜幕張を見慣れたEVA-CHINでも実に新鮮に見えたのでありました。

お部屋でダラダラしているといつの間にかチェックアウトの時間が近づいてきました。そろそろ荷物をまとめて出発しなければなりません。EVA-CHINは身の回りを整理し、心惜しいですがお部屋を出発、フロントのある1階へと向かいました。1階のロビーでは紫色の制服を着たベルガールが至る所に立っており、挨拶を交わしながらフロントへ向かいます。フロントでは昨日チェックインするゲストで満杯でしたがチェックアウト時は何人かの外国人ビジネスマンがいただけで、空いているデスクにチェックアウトをお願いしました。チェックアウトをしてくれたフロントの方は男性で言葉使いがとても聞きやすく上手で丁寧、やっぱり色々な訓練と経験があるのでしょうね。EVA-CHINは人と話をすると時々聞き直されることがあるので見習いたいものです。フロントの丁寧な対応で気持ちよくチェックアウトをすることができ、EVA-CHINはブランチをするために海浜幕張の街へと踏み出したのでした。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ホテルニューオータニ幕張」の宿泊プラン、空室検索、ご予約はこちら


 

ホテルニューオータニ幕張のトップページはこちら