EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



今度はバスルーム。こちらも、コンパクトでとても機能性がある設計をされていました。大きな鏡の前には、お洒落に黒い洗面台が設置されています。またこの鏡、実は向かって右反面は湯気で曇らないように加工されていました。お風呂上がりでも、すぐに使えるようになっています。バスタブは普段ホテルで使うバスタブよりも一回小さく、さすがのEVA-CHINでも足を曲げる必要性がありました。水量は豊富で困ることはありませんが、長野らしく温泉のお湯が出たらメチャ嬉しいかも。そんなシティホテルは無いですよね〜。タオル・アメニティグッズはシングルルームを反映してか、ちょっと少なめです。尚、テレビ音声等はバスルーム内で聞くことは出来ませんでした。


バスルーム

コンパクトにまとめられたバスルームですが、清潔でとても明るく、機能性は抜群です。残念ながら、バスルームにはテレビ音声などを流すことは出来ません。


バスタブ

シングルのバスタブは残念ながら一回り小さく、足を折り曲げる必要性があります。付属のシャワーは自由に動かせるフリータイプで、水量も豊富でした。尚、シャンプー、リンスは壁にタンクが掛かっており、量は豊富ですが贅沢さはあまりありません。


洗面台

残念ながら広くはありませんが、洗面台の色を黒くするだけでもかなり印象が変わります。鏡の半分(洗面台側)は、湯気で曇らないように加工されています。


トイレ

トイレはもちろん、ウォシュレット付です。

 


タオル

タオルの種類と数は、バス(1)、フェイス(1)、ハンド(1)、足ふき(1)で、全て1枚ずつでした。特にバスタオルで感じるのですが、タオルにふんわりとしたボリューム感が少なく、ちょっと物足りない気が致します。


アメニティ・グッズ

バスルームに用意されているアメニティグッズは・・・

歯ブラシ・レザー(シェービングクリーム含む)・石鹸・シャワーキャップ・クシ

でした。


夕食は相変わらずホテル外へと足を向けます。部屋から出てエレベーターホールへ行くと、偶然にもエレベータのドアが開いていました。駆け込み乗車(と言っても良いのかな?)は危険ですが、慌てて乗り込んでみるとこれまたビックリ。このホテルで結婚式を挙げている新郎・新婦が乗っているではありませんか。このお二人はアテンドに連れられ、式場のある4階で降りていきましたが、よく考えてみると、何処で着替えていたの?って感じです。ちなみに偶然乗り合わせていた別のお客は二人。狭いエレベータの中で、花嫁さんのドレスに触れないようにするのも、結構大変な状態でした。花嫁さんの衣装ばかりが目が行くエレベータ、新郎も同じ主役なのに何か肩身が狭そうに見えたのは涙ものです。夕食から帰りバスタイムを楽しんだ後は、EVA-CHINの一番好きなダラダラタイムです。今日の旅行を振り返りながら、明日の行動を色々考えました。

翌日、相変わらずのお寝坊さんで8時30頃起き出します。シャワーを浴びて、洋服を着て、朝食を食べに行くことにしました。今回は宿泊者が多い為なのかも知れませんが、1階のカフェレストラン「アイリス」と12階のスカイラウンジ「アポロ」の2カ所でビッフェを行っていましたが、12階は午前9時で終わってしまうために1階のアイリスに行くことにしました。1階のロビーを通りアイリスに向かいます。時間が9時頃と遅い為なのか、お客の姿はまばらでした。禁煙席に案内してもらい、早速、料理を取りに行きます。内容は和洋折衷になっており、和食でも洋食でも揃う感じでした。EVA-CHIN のビッフェ形式の良し悪しは、実はパンで決めています。パンが「しっとり」か「パサパサ」かによって、料理全体の配慮が見えてくると思っているのです。アイリスでのパンは全種類をとってみましたが、すべてがしっとり。EVA-CHIN的には合格する内容でした。

朝食で満足した後、部屋に戻ります。廊下には掃除機や入れ替えようのシーツ等を乗せたカートが多く目に付き、チェックアウトした部屋の掃除も始まっているようでした。自分の部屋の対面側が空いていたのでちょっと覗いてみると、部屋の間取りは同じでも景色が頂けない事が判明。4階まである宴会場の屋根が、景色の視界を大きく妨げていました。やはりシングルでのベストポジションは、長野駅ロータリー側という気がしてきます。ドアノブに掛かっている新聞をとり紅茶を飲みながら目を通します・・・が、普段慣れていない行動なのですぐに断念。届けられた新聞が「日本経済新聞」というのが、EVA-CHINには難しすぎだったようです。身支度を整えチェックアウトします。今度はすんなりとカウンターで手続きを取ることができました。ミニバーを使用しても8千円ちょっとの金額。やっぱり、感動ものでした。

長野を代表するシティホテル、ホテルメトロポリタン長野。地方の特色を生かしながら、リーズナブルで質の良いハードとソフトを備えています。チェックインの際の間を抜かせばEVA-CHINもこの上ない満足を得ることが出来ました。また長野で宿泊する際は、やっぱりホテルメトロポリタン長野ですね!


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ホテルメトロポリタン長野」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら


 

ホテルメトロポリタン長野のトップページはこちら

※ 高級ホテルのご宿泊には「クレジットカード」が必需品です ※