EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。




さてさて、今度はバスルームを見てみましょう。バスルームは、洗面台、バスタブ、シャワーブース、トイレで構成されている高級ホテルの一般的なタイプです。特徴的なのは、バスタブがとてもゆったりしていることで、これならEVA-CHINもゆっくり長湯してしまうこと間違いなしでした。バスタブの近くには、ガラス容器に入った芳香剤もあり、よりバスタイムを楽しめるようになっています。バスタブにもシャワー設備がありますがシャワーカーテンは無く、視界も開けてゆっくり楽々できる感じでした。

シャワーブースの設備は、自由に動かすことが出来るフリータイプと、上から掛けられるような固定タイプの2種類があります。お湯の温度調整はレバーを左右に回す事で出来、お湯はレバーを手前に引けば出てくるタイプでした。最近、このようなタイプのシャワーブースをよく見ますが、これって、水量調節ができるのかな?

そして洗面台、こちらはダブルシンクではありませんが比較的に広く、とても機能的な洗面台です。洗面台の上には、気になるアメニティグッズが並んでいますが、これもまたしっかりとしていました。例えば歯磨き粉のチューブにもちゃんとホテル名が書かれているなど、細かい所まで自信を持って提供できるのは、実に良いホテルの証拠なのです。全体的に高級感を味わえるのに充分な設備を有し、もちろん、テレビ音声をバスルーム内に流すスイッチもちゃんとあります。ただ残念だったのは、EVA-CHINの宿泊したクラスにはバスローブが無かった事かな。EVA-CHINは全室に完備されていると思いこんでいたので、その点がちょっと残念でした。


バスルーム

バスルームも高級感漂わせるゴージャスな造りになっており、洗面台、バスタブ、シャワーブース、トイレで構成されています。バスルーム内ではテレビ音声を流せるボリュームスイッチも完備している他、体重計もちゃんとあります。


  

洗面台

洗面台は蛇口もシンプルでダブルシンクでもありませんが、とても広く機能性がある洗面台になっています。同等クラスのホテルを泊まり歩いて気付きましたが、似ているデザインの洗面台を採用しているホテルが結構多い気もします。やはり、納入業者やメーカーが限られてくるのかな?


バスタブ

バスタブはとても広く、足を伸ばせて(足が短いEVA-CHINでは、どこでもゆったりですが・・・)ゆっくり楽しめます。バスタブのすぐ上には芳香剤も用意されています。シャワー設備も完備したバスタブですがシャワーカーテンはなく、視界も開けて満足満足。


シャワーブース

シャワーブースは自由自在に動かすことが出来るフリータイプと、上から落ちてくる固定タイプの2種類があり、簡単にレバーで切替が可能になっています。水量も豊富で、とても使いやすいシャワーブースでした。


トイレ

トイレはもちろん、ウォシュレット付のトイレでした。脱臭機能も付いていたような・・(はっきり覚えてないの)


タオル

純白のタオルが、バスルーム中に置かれています。バスタオル(4)、フェイスタオル(2)、ハンドタオル(2)、足ふきタオル(2)でした。連泊する場合は、希望するタオルだけを交換するシステムになっているようです。


アメニティグッズ

豊富な種類のアメニティグッズが用意されています。

シャンプー・コンディショナー・歯ブラシ・シャワーキャップ・洗剤・爪ヤスリ、シェービングキット(シェービングクリーム含む)、ヘアブラシ・石鹸2個・綿棒・コットン・入浴用芳香剤

でした。細かいところまでホテル名も書かれ、デザインもとても素敵です。


夕方、ホテルから出て夕食を食べに行きました。ホテル内の食事もEVA-CHINは好きなのですが、一人だとやっぱり落ち着かない気分なので、気楽に楽しめるお店を探しにホテルから外に出てしまいます。ロビーは相変わらず混んでいる状態で、今日一日は、恐らくホテルの方々も忙しい一日だったことでょう。

食事も終わり帰ってくる途中、ホテルの横にある「ニューピア竹芝」入ってみました。ここのタワーは企業オフィスが入居しているみたいですが、一部レストランやカフェも入居しています。プラプラ歩いてみると、ここのレストランでも団体貸切があり、小粋なレストランは全て、婚礼関係の団体さんに抑えられている感じでした。ニューピア竹橋の3階では、なんとホテルの3階に繋がっているエントランスがありました。エントランスは小さく、ほとんど目立たない存在ですが、割とこちらのエントランスも出入りが多いようです。

お部屋に戻って夜景となったレインボーブリッジを眺めてみると、やっぱりロマンチック。お台場では観覧車の花火の様なイルミネーションも見え、一人では勿体ない気分でした。視線を下に落とすと竹芝桟橋の一番端に、大きな船の船首部分がみえます。船の名前を読んでみると「すとれちあ丸」。八丈島航路に就く船のようで、江戸時代なら遠い遠島な地なれど、今はリゾート地になっているのかな?

翌日、EVA-CHINはお寝坊してゆっくりと朝を迎えます。利用したプランはルームチャージだけなので、朝食はやはりチェックアウト後に行くことにしました。通常このクラスのチェックアウトは12時が多いですが、インターコンチネンタル東京ベイでは11時。荷物をまとめて1階に下りると、今度は驚いたことにソファも含めて誰も居ません。昨日の混雑ぶりが信じられないほどの静かなロビー。多くの人が言う「静かなホテル」とは、こんな感じなんですね。ドアマンも一人で対応しており、見送られながら駅へと向かいました。

誰もが納得のサービスと設備を持つインターコンチネンタル東京ベイ。ベイサイド独特の素晴らしい景色と、ホテルの気品にEVA-CHINも納得のいくホテルでした。今回は一人で訪ねてみましたが、次回は2人で・・・・・なんてね。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「インターコンチネンタル東京ベイ」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

インターコンチネンタル東京ベイのトップページはこちら