EVA-CHIN御用達の「amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。




コンラッド東京

CONRAD TOKYO


「コンラッド東京」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら




汐留にオープンしたヒルトングループ最高級ブランド 「コンラッド東京」

コンラッド東京は2005年7月、ヒルトングループの最高級ブランドとして東京の汐留に日本初上陸したホテルで、コンラッドとはヒルトンホテルの創業者でありホテル王と呼ばれたコンラッド・ヒルトンにちなんだホテルです。37階ある東京汐留ビルディングの28階から37階をコンラッド東京が占め、総客室数は290室(客室階30階から37階)、その内スイートルームが68室もあります。スタンダードな客室でも広さ48平米もあり、汐留ビル群を望むシティルームと浜離宮や東京ベイエリアを望むガーデンルームに分けられています。またエグゼクティブルームも設定し、カクテルや朝食を提供する専用のエグゼクティブラウンジで更に質の高いサービスも提供します。コンラッド東京は「汐留シオサイト」の東京汐留ビルディング内にあり、新橋駅や都営大江戸線汐留駅から地下経由でも結ばれていますが、エントランスは1階の1箇所のみなので案内標識を見ながら行かれることをオススメ致します。日本初上陸したヒルトンの最高級ブランド「コンラッド東京」に宿泊して、非日常をお楽しみになられてみては如何でしょうか。



コンラッド東京 全景

コンラッド東京は汐留の「シオサイト」にある東京汐留ビルディング内にあり、フロントとレストランは28階、客室は30階から37階に設定しています。浜離宮側のガーデンルームと汐留ビル街側のシティルームがあり客室は全て高層階ですが、ガーデンルーム側はベイエリアを一望できるので眺めが良く、シティルーム側は周辺のビルで景色が遮られます。


コンラッド東京 エントランス

コンラッド東京のエントランスは1階の1箇所のみなので、案内標識で確認をしながら行かれる事をオススメいたします。中に入るとロビーの様な空間(その先は車用のエントランス)が広がりますが、フロントは28階にあるので直行エレベータで上ります。こちらにもベルが常駐しており、直ぐに声を掛けてくれるので安心です。


コンラッド東京 ロビー

エレベーターを降りると左側にフロント、右側にバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」があり、更に奥へ進むとレストランや客室用エレベーターがあります。客室用エレベーターでは1階に直接下りる事は出来ず、必ずフロントの前を通って乗り継がなければなりません。


プール

「コンラッド東京」のプールは29階の「水月スパ&フィットネス(営業時間6:00〜22:00)」にあって会員と宿泊者が利用する事ができますが、宿泊者がプールを利用するには別途大人2500円(4歳〜15歳:1500円)掛かります(EVA-CHIN利用時)。「水月スパ&フィットネス」はコンラッド東京29階にある広さ1400平米の施設で、スパトリートメントルーム10室、最新設備を揃えたジム、エアロビクススタジオ、サウナ、スチームルーム、墨絵をモチーフにしたプールを完備しており、プールの長さは25メートルです。更衣室は無料で利用できフィットネスジム利用者も使用しますが、プールを利用する場合は受付でプールサイド用のサンダルを渡されるので明確に分かるようになっています。更衣室のロッカーはテンキー式ロック。自分で好きな4桁の番号を暗証番号にする方式なので、鍵を持ち歩く必要がありません。更衣室にはタオルやバスローブが用意されており、中央には洗面台、休憩スペース等があります。ホテルの更衣室らしくハーブティやグリーンティ、ナッツやドライフルーツが入った入れ物もあり、運動後のケアも至れり尽くせりなのです。プールの周囲にはゆったりとしたソファが設置され、ミネラルウォーターも用意されており、水泳キャップを忘れても監視員にリクエストすれば無料でレンタルすることも出来ます。高さ7メートルの天井を含めてガラス窓が多く自然光が心地よいプールで、近代的なビル群を望む洗練された都会的なプールですよ。


レストラン

・ モダンフレンチ 「コラージュ」

・ オールダイニング 「セリーズ」

・ モダンチャイニーズ 「チャイナブルー」

・ 日本料理 「風花」

・ バー&ラウンジ 「トゥエンティエイト」

写真は日本料理「風花」の料理です。


コンラッド東京・モダンフレンチ「コラージュ」のご予約はこちら

コンラッド東京・オールデイダイニング「セリーズ」のご予約はこちら

コンラッド東京・モダンチャイニーズ「チャイナブルー」のご予約はこちら

コンラッド東京・日本料理「風花」のご予約はこちら

コンラッド東京・バーラウンジ「トゥエンティエイト」のご予約はこちら


宿泊記

ガーデンスイート・ダブル 宿泊記 (2007年8月宿泊)

宿泊記

ガーデンルーム・ダブル 宿泊記 (2005年7月宿泊)