EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。




コンラッド東京

- ガーデンルーム 宿泊記 (2005年7月宿泊) -

「コンラッド東京」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら




多くのビルが密集する汐留・「シオサイト」。EVA-CHINは約2ヶ月ぶりにここ汐留に降り立ったのであります。前回は都営浅草線・新橋駅から汐留にアプローチをしたのですが、今回は東京で少し遊んだ関係で都営大江戸線・「汐留」駅なのであります。都営大江戸線汐留駅は大江戸線開業から少し遅れた平成14年11月2日に開業した「シオサイト」内にある駅で、今回宿泊するコンラッド東京が入居する東京汐留ビルディングの直下にあります。汐留駅から直ぐ近くにあるコンラッド東京でありますが、EVA-CHINと嫁さんは直ぐにホテルへは向かわず、前回と同様に日本テレビへと向かってみました。日本テレビでは「GO!SHIODOMEジャンボリー」と言うイベントを行っており、しばらくその様子を眺めてみましたが、時計を見れば時間は既にチェックインが可能な時間だったので、汐留の高層ビル郡を眺めながらコンラッド東京にアプローチしたのであります。東京汐留ビルディングはコンラッド東京の他にもレストランやオフィス等が入居しているビルで、EVA-CHIN達は何も考えずに2階のレストランフロアに入りました。しかしこのフロアの様子を見ると、ホテルとの接点が全く無いことに気づきました。

EVA-CHIN : 「あれ!?ビルを間違えたのかな?」

ホテルのエントランスを確認するためフロア案内図を探し出しました。その案内図によるとホテルは確かにこのビルに入っているのですが、エントランスは1階の1箇所のみであることに気づきます。その為一度ビルの外に出て階段を探して地上に下り立ち、よく辺りを見回してみるとスタイリッシュなエントランスが目に入ってきたのであります。その入口には「CONRAD TOKYO」の文字が金色に輝き、ドアの先にはベル達の姿が見えたのでありました。

早速、EVA-CHINと嫁さんはコンラッド東京のエントランスを通ります。まずはロビーかと思ったのですが、入った空間の先には車寄せ用のエントランスがあり、明らかにこの空間はレセプションがあるロビーでは無いことに気づきます。

ベルガール : 「ご案内、致しましょうか?」

EVA-CHINが混乱していると、ベルガールに声を掛けられました。

EVA-CHIN  : 「今夜お世話になるのですが、レセプションは?」

ベルガール : 「ご案内いたします。」

ベルガールは直ぐ側にあるエレベータホールへとEVA-CHINと嫁さんを案内します。

ベルガール : 「お荷物をお持ちしましょうか?」

今回は東京で一泊ステイなので二人とも荷物は軽く、不要の旨を伝えました。

ベルガール : 「ここまで、迷いませんでしたか?」

正直、確かに迷いました。どうやらEVA-CHIN達と同様、迷って来られる方が多いようです。

EVA-CHIN   : 「エントランスは、今入ってきた1箇所だけなのですか?」

ベルガール : 「はい、そうです」

なるほど。ビル周辺に案内標識は多くありますが、EVA-CHIN達の様に何も見ない人が多いようですね。(笑)

ベルガール : 「お名前をお伺いしても宜しいですか?」

EVA-CHINは名前を名乗り、エレベーターへと乗り込みました。このエレベーターは1階とフロントがある28階に直通するエレベーターで、客室には行くことが出来ません。ちなみにレストランは全て28階に集結しているので、レストランのみを利用する際でも、同じく28階まで利用します。

28階に到着すると左手にフロントが右手にラウンジが目に入り、ベルガールはEVA-CHIN達をフロントに誘導しました。コンラッド東京は2005年7月1日のオープンなので混みあっているのかと思ったのですが、さすがは平日、EVA-CHIN達の他にゲストの姿は誰もいないようです。恐らく週末ではチェックインまでに相当待たされそうな気がしますが、静かなのは平日利用の特権ですね。ベルガールがフロントにEVA-CHINの名前を告げ、チェックインが始まります。まずは端末をテケテケと動かしてEVA-CHINの情報と予約したお部屋の確認を行います。

フロント    :  「お支払い方法はいかがしますか?」

既にEVA-CHINはクレジットカードを目の前に出しておりました。直ぐにフロントはカードのコピーを取って、EVA-CHINに戻します。そしてレジカードをEVA-CHINの前に差し出しました。

フロント    :  「こちらにご住所と郵便番号、サインをお願いします。」

EVA-CHINは支持された通り、レジカードを記入してフロントに戻しました。

フロント    :  「明日のご出発のご予定は何時でしょうか?」

EVA-CHIN  :  「チェックアウトは何時ですか?」

フロント   :  「12時です。」

EVA-CHIN   :  「では、12時でお願いします。」

全く急ぐ旅でもないので、やっぱりギリギリまで満喫したいですよね。

フロント   :  「新聞のご希望はございますか?」

EVA-CHIN   :  「読売新聞でお願いします。」

普段EVA-CHINは読売新聞を読んでいます。家に帰れば同じ新聞があるのですが、やっぱり読みやすい方がいいです。

フロント   :  「ご夕食のご予定はお決まりですか?」

EVA-CHIN   :  「こちらの日本料理を頂こうかと思っているのですが・・・」

フロント   :  「28階にありますので、ご案内いたします。」

フロントはベルガールを呼び、お部屋案内へと移りました。ただ何かもの足りなさを感じたのであります。実はEVA-CHIN、今回のプランでは朝食付を選んだのではありますが、フロントが特に朝食チケットを用意する様子が見られなかったのであります。

EVA-CHIN   :  「プランでは朝食付きだと思うのですが、チケットは特に無いのでしょうか?」

フロント   :  「はい、チケットは無くても大丈夫です。」

割と珍しいシステムですね。これは明日の朝食の時に様子を見てみることにしましょう。

EVA-CHINと嫁さんはベルガールに先導されて、エレベーターホールへと向かいました。コンラッド東京では1階から28階に直通するエレベーターの他に28階から客室階に向かう専用のエレベーターがあり、客室から外に出る際は必ず乗り継がなければなりません。

ベルガール  : 「こちらは、ラウンジのトゥエンティエイトです。夜は生演奏を行っております。」

まずはフロントの前にあるバーラウンジの「トゥエンティエイト」を案内しました。夕食後に時間があったら、是非立ち寄ってみたいですね。

ベルガール  : 「この奥に、ご予約を頂いている日本料理・風花があります。景色が綺麗ですよ。」

あら!?確かに日本料理を頂こうと思っていると言いましたが、実は予約は取っていないのよね。お部屋に着いたら早速、予約を取らなければ!

ベルガール  : 「こちらが、ご朝食のセリーズです。朝はビッフェ式となっております。」

今回のホテルステイで朝食も楽しみの一つであります。セリーズを抜けると客室用のエレベーターがあり、ベルガールとEVA-CHINと嫁さんはエレベーターに乗り込みました。今回宿泊するお部屋は34階。エレベーターのボタンを見てみると37階にエグゼクティブラウンジの表示があり、恐らくエグゼクティブルームは37階に配置されているようです。またエレベーターは深夜、客室のカードを入れないないと動かない仕組みにもなっており、乗り継ぎと重ねて安心できるセキュリティですね。34階に到着するとEVA-CHIN達のお部屋はエレベーターホールの直ぐ近くにありました。ベルガールが開錠して扉が開くと、EVA-CHIN好みの素敵なお部屋が広がっていたのであります。

今回利用したお部屋はガーデンルームダブルであります。コンラッド東京は浜離宮を中心にして築地からお台場、レインボーブリッジを眺められるガーデン側と、汐留の高層ビル群を眺めるシティ側で構成されています。広さは今回利用するスタンダードなお部屋でも48平米もあり本当に広いお部屋です。ベッドルームへのアプローチでは木の温もりがあり、ベッドルームは窓が大きくデザインが素敵。言葉で言い表せないので、下の写真を見て感じ取ってくださいね。

ベルガール  : 「お部屋のご説明を致しますので、お座りください。」

EVA-CHINと嫁さんは窓際にあるソファに座りベルガールの説明に耳を傾けました。先ずはカーテンの説明を行います。カーテンはレース、遮光カーテン共にナイトテーブル上のある操作パネルで操作し電動で動きます。お次に電話の使い方、そしてテレビや空調の説明を行いバスルームへと移りました。コンラッド東京のバスルームはベッドルームとガラスで仕切られており、とても大胆なデザインをしております。もちろん電動で動くブラインドがあって隠すこともできますが、ガラスのままであればバスルームから素敵な東京ベイエリアの景色を眺めることが出来、バスタブからベッドルーム内のテレビも見ることができます。どれをとっても非日常を楽しませてくれる設備が揃っているコンラッド東京。これから時間が楽しみですね。


 

ベッドルーム

今回宿泊したお部屋は、浜離宮側にあるガーデンルーム・ダブルです。コンラッド東京のスタンダードなお部屋ですが、それでも48平米の広さがあります。窓は大きく、「門」をイメージにして作られたバスルームとのガラスと木枠の仕切りは実に開放感があり、桜をモチーフにした絨毯等のデザインは日本を強調したような絵柄です。長い時間滞在したくなる素敵なお部屋でした。


 

ベッド

左は日中のベッド、右側はターンダウン後のベッドはシーリー社製を採用しています。ベッドはとても寝心地がよく、枕の硬さもEVA-CHIN好みでありました。ベッドで横になっても大きな窓のお陰で東京ベイエリアを眺めることが出来、プラズマテレビを見ながら一日中ゴロゴロしていたい感じですね。ちなみに右の写真のベッド上にオレンジ色の小さなものが乗っておりますが、これはコンラッド東京からの「くまのぬいぐるみ」のプレゼントであります。


ナイトテーブル

ナイトテーブルはシンプルなデザインですが、遮光、レースカーテンの開閉や室内灯、読書灯、足元灯の他に、「起こさないで下さい」・「掃除をしてください」のボタン操作がここで出来きます。時計は置時計式のアナログです。


ソファ

ソファは窓際に沿って置かれており、長さ4メートル程ある細長いソファなのでゴロゴロするにも最適なソファです。中間部は可動式になっていて、独立させてオットマンとしても利用できます。窓の高さに合わせているので景色を眺めるのには都合が良く、ここでゆっくりとした時間を送るのも良いですね。


ライティングデスク

ライティングデスクは丸型のデスクと白い革張りのチェアで構成されています。チェアはとても座り心地が良く、足元にローラーが付いているので移動が楽でした。ここにはレターセットが置かれています。


電話

コンラッド東京ではあらゆるサービスを「スターサービス」が窓口として行われます。右にあるのはホテル内専用のPHSで、レストランやスパなど部屋を出る際に、持ち歩くことができます。


 

テレビ

テレビは日立製の37型プラズマテレビ「WOOO」で、地上放送、BS放送が12チャンネル、ホテル放送として「DISCOVERY」・「MTV」・「ECO MUSIC」・「MOVIE PLUS」・「FOX」・「SPORTS I」・「GOLF NET」・「J SKY SPORTS」の8チャンネルとオンデマンドの多数の有料チャンネルで構成されています。右側はDVDやCDを再生するプレイヤーも常備されており、こちらも日立製でした。


 

ミニバー

ミニバーの冷蔵庫はEVA-CHINの基準とする缶ビール350ml・1缶のお値段が800円で、ソフトドリンクは500円でした。ビールはスーパードライ、一番絞り、ハイネケンが置かれており、最高値はシャンパンの5000円です。無料のお茶セットは緑茶とコーヒーがあり、備品やカップなどは充実しています。


ミネラルウォーター

ミニバー以外に「クリスタルゲイザー」が置かれておりますが、こちらは無料のミネラルウォーターです。最初はバスルームに置かれています。


ナイトシャツ

コンラッド東京ではナイトシャツが置かれております。やはりホテルは、ナイトシャツかパジャマが似合いますね。


スリッパ

スリッパはコンラッドロゴ入りのスリッパで、大きくて履き心地がとても良かったです。ホテルのスリッパも、これ位しっかりしていると嬉しいですね。


キー

キーはカードキーです。デザインは浜離宮から見たコンラッド東京が描かれています。


アプローチ

入口からベッドルームまでのアプローチは、木の温もりを感じられるフローリングです。


景色

今回宿泊したお部屋は浜離宮側です。浜離宮の先に隅田川や東京ベイエリアを眺める事が出来、右手の奥にレインボーブリッジがあります。浜離宮の緑が嬉しいですが、夜になると公園と海の関係で夜景は少し寂しくなります。


 

シティ側の景色

ちなみにこちらはシティ側の景色で、エレベータホールから撮影しました。シティ側は汐留のビル郡を眺める形になっており、手前のビルがロイヤルパーク汐留タワーです。かなりビルで視界が狭くなるので、やはりガーデン側がオススメです。

憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「コンラッド東京」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら

 

コンラッド東京のトップページはこちら