EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



コンラッド大阪

− CONRAD OSAKA −

「コンラッド大阪」・すぐ泊まりたくなる宿泊プランはこちら



コンラッド大阪は2017年6月に大阪・中之島に開業した客室数164室のホテルです。コンラッド大阪は日本国内では汐留にある東京に次いでオープンしたヒルトングループの最高級ブランドで、中之島にあるフェスティバルタワー・ウェストの33階から40階を占めています。専用ラウンジを備えたエグゼクティブルームもありますが専用フロアは設けず客室の広さで設定しており、エグゼクティブルーム(66平米)とスイート(100平米以上)が専用ラウンジを利用する事が出来ます。一般客室でも50平米あるゆとりの広さがあり、大阪の開放的なパノラマビューを各部屋から楽しめます。

最寄駅は地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」、京阪中之島線「渡辺橋駅」で、梅田や難波、淀屋橋、京橋へのアクセスが良く、観光やお仕事でコンラッド大阪をご利用されてみては如何でしょうか。


コンラッド大阪

コンラッド大阪は中之島フェスティバルタワー・ウェストの高層階にあります。写真の右側にあるビルの33階から上(ビルの外観のデザインが変わっている上層階)がホテルになっており、ロビー階は最上階の40階、客室は33階から37階に位置しています。39階はエグゼクティブラウンジ、38階はスパ、プールと宴会場階となっております。


エントランス

四ツ橋筋に面した方向にあるエントランス(東側)が写真左で、車寄せのあるメインエントランスは反対側(西側)にあります。中之島フェスティバルタワーは地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」と京阪中ノ島線「渡辺橋駅」に直結していますが初めて利用する方にはちょっと複雑で、一度ビルを出て写真のどちらかのエントランスから入ることを頭の片隅に置いておくとスムーズに行けます。エントランスの奥にはロビーと宴会場階に通じるエレベーターがあり、ロビーやレセプション、レストランは最上階の40階に位置しています。


ロビー

エレベーターで40階に着くと、目の前にダイナミックな景色が広がっています。38階〜最上階の40階まで吹き抜けにしたダイナミックな景色と螺旋階段は、既にコンラッド大阪の代表的な景色になってますね。ソファを含めてデザインがとても素敵です。


 

風神・雷神

レセプションへ行くためには、大きなオブジェクトに見守られたゲートを通ります。バルーンチックなデザインで中央にミシュランタイヤのキャラクタっぽいのがあるなと思ったら、よく見れば左側は風神で右側は雷神の形をしてました。知ってから見た方が感動するかも。


レセプション

フロントは40階で、客室用のエレベータはその奥にあります。客室階はロビー階より低い位置にありますが、外へ出るのも一度40階のフロントの前を通る必要性があります。エグゼクティブルームやスイートに宿泊の場合は39階にあるエグゼクティブラウンジでチェックインが出来ます。EVA-CHINの場合は1階のメインエントランスで声を掛けられ宿泊の旨を伝えて40階に上がったら、エレベーターホールで出迎えられてそのまま39階のラウンジに案内をしてくれました。


コンラッド大阪・ダイニング「アトモスダイニング」のご予約はこちら

コンラッド大阪・鉄板焼&寿司「蔵」のご予約はこちら

コンラッド大阪・グリル「C:GRILL(シーグリル)」のご予約はこちら

コンラッド大阪・バー&ラウンジ「40スカイバー&ラウンジ」のご予約はこちら

new !

エグゼクティブ・コーナースイート 宿泊記 (2018年3月宿泊)