EVA-CHIN御用達の「Amazon」で、楽々ショッピング。値段比較も便利です。



夕食から帰ってみると、見事にテレビは直ってました。今度は安心して、お風呂に入ることが出来ます。宿泊したデラックスタイプのバスルームの構成は、バスタブとトイレのみです。洗面台はバスルームへの入口付近に独立して設置されていました。洗面台には腰を掛けるイスまで用意されていますが、どちらかと言えば機能性重視で装飾的な要素は簡素な感じがします。またアメニティグッズに関しては見た目もシンプルすぎで、もう少し高級感が欲しいところでした。扉を開けてバスルームに入るとバスタブとトイレがあり、バスタブは割と大きくゆったりとしてました。ちなみにシャンプー・リンスのアメニティは、バスタブの上で綺麗に並べて置いてありました。シャワーブースは有りませんが、バスタブにはフリータイプのシャワーが付いており、高層ホテルながらも水量は豊富です。バスルームには、テレビ音声のボリュームを操作できるスイッチもあり、お風呂を楽しみながらテレビ音声を楽しむことが出来ます。


洗面台

バスルームへと続く扉の手前のスペースに洗面台がありました。豪華さはないものの、シンプルで機能性は高かったです。


バスタブ

バスルームは、バスタブとトイレのみシンプルな構造でした。バスタブは比較的に大きく、ゆったり出来ます。シャワー設備は自由に動かすことが出来るフリータイプ。高層ホテルですが、水量も十分に出てきます。


トイレ

トイレはもちろんウォシュレット付きです。この評価だけは、ウォシュレットの有無しか出来ない・・・


タオル

タオルは、バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオル共に各2枚ずつ置いてありました。


バスローブ

クローゼットの中に、折り畳まれた状態でバスローブがありました。でもちょっと、ゴワゴワ感が有るようで、もう少しソフト感が欲しかったです。


アメニティ

アメニティは・・・

歯ブラシ・シェービングフォーム(クリーム状)・かみそり・石鹸・クシ・シャンプー・リンス・シャワーキャップ

です。シャンプー・リンスはバスタブの上に置いてありました。

もう少し高級感が欲しいかな。


お風呂から出ると、外はすでに夜の世界。地方都市ながら静岡の街の光はとても綺麗です。カーテンを全開にしてみる夜景は、デラックスルームを利用する者の特権。これには感動しました。ただ部屋の明かりを付け窓越しで夜景を見た場合、逆に大きな窓と立地条件がネックになり、全身が外部から丸見えのような感じを受けてなりません。実際はどのように見えたか分かりませんが、翌日の帰りに静岡駅ホームからホテルを眺めると、カーテンの開け方まで伺い知ることは出来ます。下着姿で眺めてしまった自分・・・昨夜、静岡駅ホームからどのような姿で見られたのでしょうか。

近代的な設備や景色という点では、静岡駅近辺でトップクラスのホテルだと思います。ただし、ホテルアソシア静岡などの近隣ホテル、オークラが入居するアクトシティを持つ浜松近隣のホテルには泊まったことが無いため、残念ながら対比は出来ません。今回はソフト面に関して物足りなさはありましたが、次回宿泊した時には、どのように変わっているのか楽しみです。

( ※浜松の「オークラアクトシティホテル浜松」は2001年10月に宿泊しました。 )


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「ホテルセンチュリー静岡」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら


  

ホテルセンチュリー静岡のトップページはこちら