ホテル選びはクチコミが大切!「フォートラベル」であなたの泊まりたいホテルをチェック!




風の噂で建物が古いとも聞く京都ブライトン。しかし客室を見ても、全く古さは感じさせません。もちろんバスルームを見ても、客室同様立派な設備をもっています。バスルームは、洗面台、バスタブ、トイレで構成されシャワーブースは有りませんでした。確かに、トイレとシャワーの同時使用が水圧の関係で出来なかったり、テレビ音声をバスルーム内で流すことができなかったりする点もありますが、そこはご愛敬です。ホテルの良さはアメニティグッズを見るとよく分かり、名高い京都ブライトンはさすがに豊富。しかもドライヤーが二つもありました。もちろんバスローブも完備し、贅沢な時間を過ごすアイテムは揃っています。


洗面台

装飾はシンプルですが、横長で広々使える洗面台は、とても機能的でした。鏡も大きく、とても使いやすい洗面台です。


バスタブ

バスタブはかなり広めでした。色も個人的には好きな色。シャワー設備はフリータイプなので、自由自在に動かすことが可能です。ゆっくり入って、一日の疲れをほぐしました。


トイレ

トイレはもちろんウォシュレット付きです。ただしシャワー設備と、トイレは水圧の関係で同時使用が出来ないようです。


アメニティ

さすがは京都ブライトン、可愛いバスケットに、アメニティがしっかりと入ってました。

シャンプー・リンス・ボディシャンプー・シェービングフォーム・レザー・ブラシ・コットン・シャワーキャップ・綿棒・歯ブラシ

がありました。また固形石鹸ではなく、液体石鹸が用意されています。


タオル

タオルは全て、格好いいブライトンのロゴが付いています。


バスローブ

バスローブも用意されていました。写真では見えませんが、タオルと同じように紺色のブライトンロゴが織り込まれていて、とても格好いいバスローブです。


一人旅のEVA-CHINはホテル内で食事をとらず、住宅街にあるホテルながらも外にでてしまいました。食事を終えて戻り部屋でくつろいでいると、時間は間もなく20時。そう、音楽祭開始の時刻です。部屋から出て宿泊した3階から眺めることにしました。ロビーのソファは満席、立っている人もかなり見かけます。30分と短い公演ではありますが、久しぶりに贅沢な歌声を聞くことが出来ました。


音楽祭 in アトリウム

ロビーで行われる音楽祭は、ホテルらしいとても上品な音楽祭です。7月の1ヶ月間、毎日、異なる内容で30分のコンサートをやっていました。後方に見えるのはフロントで、ロビーの写真と比較してみてください。


今回のプランはルームチャージのみで、食事はありません。また電車の時間の関係で朝8時にチェックアウトします。まだチャックアウトには早い時間なのか、フロントの方は一人しかいませんでしたが、お客は誰もいませんでした。京都ブライトンはビジネスより観光客の方が多いらしく、全体的に朝はゆったりとした時間が流れているようです。

京都の閑静な住宅街にある京都ブライトンホテル。「感動をつくるホテルでありたい」をテーマとしたホテルは、見事に宿泊者の心を捕らえています。グランヴィア京都やホテル日航プリンセス京都などの有力なホテルが展開しようとも、京都ブライトンホテルの地位は不動のようです。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「京都ブライトンホテル」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら


 

京都ブライトンホテルのトップページはこちら