ホテル選びはクチコミが大切!「フォートラベル」であなたの泊まりたいホテルをチェック!



続いてバスルーム。扉を開けてみると、割と横長で広いスペースでした。洗面台・トイレ・バスタブが仲良く横並びしています。洗面台はシンプルで、特に凝ったような造りはありませんが、使い勝手は良かったです。利用した当日は気付かなかったものの洗面台の下にはイスがあるようで、座りながらでもできたみたい。トイレはもちろんウォシュレット付。バスタブの色は緑で割とゆったりしていましたが、この色がベッドカバーの色と合わせたのかは不明です。ちなみにピンクを基調とした部屋に宿泊した友人に聞いてみましたが、残念ながら記憶がないらしく、確認はできませんでした。バスタブにはフリータイプのシャワー設備があり、シャワーの横にはシャンプー・リンス・ボディシャンプーを詰め込んだタンクが・・・。アメニティとして貰えないのは残念でした。バスタブのタイルには、「この水は飲めません」というシールが貼っており、ちょっと苦笑。日本人ならば日本国内何処の水道でも飲めると、先入観は持っていますものね。尚、水量は十分出ていましたが、バスルーム内にテレビ音声などをコントロールするスイッチは無いため、静寂な空間となっております。


洗面台

想像したよりも広めでした。化粧台、トイレ、バスタブで構成されており、横並びになっています。これ位の広さがあれば充分だと思いますし、洗面台も使いやすかったです。最近ではよく見かけるオーディオ・ボリューム・スイッチは無い為、テレビ音声などを浴室では聞くことができません。


トイレ

トイレはもちろんウォシュレット付です。


  

バスタブ & シャワー

部屋の色調と合わせたかは不明ですが、バスタブもグリーンでした。大きさは標準的な感じですが、シャワーも含めて特記事項は特にありません。また「飲めません」と書いてあったシールが、割と印象的でした。シャンプー・リンス・ボディシャンプーが、個人的には好め無いボックスタイプでした。


タオル

バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルは、各種それぞれ2枚ずつ置いてありました。

ちなみに、バスローブはありませんでした。


アメニティ・グッズ

シャンプー・リンス・ボディシャンプーがバスタブにある為、アメニティグッズとして用意されているのは、

歯磨きセット・レザー・クシ・シャワーキャップ・綿棒・コットン・石鹸

でした。かなりすっきりした感じです。個人的には、アメニティグッズが沢山有った方が嬉しいので、グランヴィア京都の方が必然的に良い印象を持ってしまいます。



夕食はホテル近くにある飲み屋でした。ホテル外に飲食するにも関わらず、ホテルのコンシェルジュが親切丁寧に教えてくれました。夕食から戻り、みんなでホテル内のラウンジに行こうとしましたが、残念ながら時間が遅く目の前でクローズ。ちなみにラウンジは最上階ではなく、1階のロビー前にあってちょっと驚きました。

朝食付のプランだったので、朝食はホテル内。洋食と和食がチョイスできましたが、EVA-CHIN以外の人が洋食を希望したため洋食に決定しました。1階にあるレストランでビッフェスタイルでしたが、品数も豊富でボーイの対応がとても良く、朝から清々しい気分になります。朝食後は、各自荷物をまとめ上げチェックアウトし、京都の街へ出発しました。

ホテルや名旅館が密集する京都。その中でも京都全日空ホテルは、ソフト面がかなり良かったです。残念ながらハード面は古さもあって今一歩でしたが、京都の拠点として充分な立地条件を持っているので、観光やビジネスにとても便利なホテルでした。


憧れのホテルにあなたもステイしてみませんか。

「京都全日空ホテル」の宿泊プラン・空室検索、ご予約はこちら


 

京都全日空ホテルのトップページはこちら